2016年11月06日更新

おすすめの「もこう先生」の動画ランキング【ニコニコゲーム実況の王・馬場豊】

この記事は、運営チームとユーザーの投票によって「おすすめ」された、人気の「もこうの動画」をランキング形式で紹介しています。

1位から順に表示され、スクロールするほどランキング下位になります。対応するニコニコ動画へのリンクを貼ってあるので、そこから動画をお楽しみください。
見たいと思えるもこうの動画探しのお役に立てれば幸いです。

1位 ポケモンの大会潰してすみませんでした。

  • 2014年9月26日投稿
  • 土下座謝罪動画だがミリオン再生突破
  • ニコニコ以外の様々なメディアでも取り上げられた伝説の謝罪
ポケモンの大会潰してすみませんでした。

近年はニコニコ動画・YouTuberをはじめとして動画投稿者の影響力は増し続けている。現にヒカキンやはじめしゃちょーなどトップを走るYouTuberも何度か謝罪動画をあげているように、コンテンツを生み出し続けていれば同じ人間なのだから過ちは少なからず犯してしまうものである。

しかしこのもこう先生の画像と動画を是非見てほしい。彼ら彼女らの謝罪がいかに生ぬるく、そして心がこもっていないものかがよく分かる。静止画一枚ですらその悲壮感を十分に伝えられるのだから、「誠意」という言葉は単に口先で謝るだけのものではないのである。

普段は10万再生そこそこであるが、この謝罪動画はまもなくミリオン再生に迫ろうとしている。人間が本気で誠意を持って謝罪すればそれは意図的に生み出されたコンテンツを遥かに凌駕することは野々村竜太郎を見れば一目瞭然だろう。
ゆとり社会などと若者の将来が危ぶまれているが、もこう先生を見れば日本の謝罪文化が若者にも脈々と受け継がれており、そんな心配は杞憂であると頭の硬いおじさんたちには理解してほしい。

12 Like!

もこうは土下座というジャンルのコンテンツを生み出しているが、この動画はその先駆けである。謝罪といえば野々村竜太郎であるが、もこうの謝罪は再現性の持ったコンテンツであるという点で野々村をも上回っているのではないかと私は考えている。

上のコメントでヒカキンやはじめしゃちょーの謝罪が生ぬるいと書かれているが、彼らの場合はある程度不可抗力的なトラブルであるのに対して、もこうは不特定多数がリアルタイムに見ている大会の場で、一般参加者を罵倒し続けたことがキッカケになっているのだから俎上にあげるのは不自然に感じる。
王道のYouTuberがそんなことをしている姿が想像できるだろうか。動画投稿者として、妖怪小銭稼ぎとしてそれを生計にしているにもかかわらず、リスクを顧みない行動を取り続けられるのは、世界広しといえども、もこうしかいないのではないかと思う。

9 Like!
ポケモンの大会...を詳しく見る
924回GoodされましたGood!

2位 怒りを通り越し、号泣する男【スプラトゥーン】

  • 2016年8月10日投稿
  • いつもはキルされるとキレていたもこうだが、ついに号泣!?
怒りを通り越し、号泣する男【スプラトゥーン】

神回を見たい方はとにかく11分50秒あたりから見てみよう。キレ芸からの泣き芸という一見誰にでもできそうな芸当であるが、果たしてそんな安直なことをこれほど面白おかしくできる人間が他にいるだろうか。

この回だけ見た人は泣き芸を男回もやっていると錯覚してしまうかもしれないが、泣き芸は初めてで、これまで100回以上に渡ってひたすらキレ芸を極めてきた後に絞り出されたものであるということを忘れてはならない。一度の泣きのために1年以上に渡って動画を投稿し続け、ついにその時が訪れた瞬間である。

これを見て笑わなかった人間は私は知らない。

11 Like!

珍しく持ち武器であるカーボンとノアヴァネオ以外の96ガロンデコを使って試合をはじめるも、当然エイムがブレブレのもこう先生では歯がたたない。2戦目は得意のカーボンを使うもまたしてもキルされまくり、いつものようにキレ始める。
しかしいつもと違い、さらにそこからキルされるとしまいに泣き出してしまう。
キレて花火大会を始めてから泣き出すまでの過程、そして泣いてから起こった奇跡的な展開は数あるスプラトゥーンシリーズの中でも屈指の出来だ。

5 Like!
怒りを通り越し...を詳しく見る
924回GoodされましたGood!

3位 【事故】 リスナーに騙され出前の注文で恥をかいた生主

  • 2015年4月6日投稿
  • 「ヒルナンデスで値切ろうとした男」の元ネタ動画
【事故】 リスナーに騙され出前の注文で恥をかいた生主

伝説の「ヒルナンデスで値切ろうとした男」の元ネタの動画。
寿司の出前の注文をするときにリスナーから「ヒルナンデスを見たといえば割引される」というタレコミが届き、放送で流しながらヒルナンデスを見たと言って割引しようとするとも、リスナーのガセに騙されるという内容。

これだけ読むと単に騙されたんだなとしか思えないかもしれないが、「ヒルナンデスで値切ろうとした男」という愛称の面白さが独り歩きして、結果的に動画まで伸びてしまったのだと思われる。

8 Like!

冷静に考えるとリスナーに騙されただけで被害者なのだが、もこうが騙されて実際に注文してしまったという絵面があまりにも面白くネタとして独り歩きしてしまった。
しかもちゃっかり本人が動画をあげていて、クリエイター奨励プログラムに通っている可能性もあるのだから、さすがは妖怪小銭稼ぎといったところか。

4 Like!
【事故】 リス...を詳しく見る
898回GoodされましたGood!

4位 【実況】 「ぷよぷよフィーバー」で超大連鎖勝負!part1

  • 2015年2月15日投稿
  • ぷよぷよ動画屈指の神回。もこうのぷよぷよの実力に刮目せよ。
【実況】 「ぷよぷよフィーバー」で超大連鎖勝負!part1

これは凄い。普通にぷよぷよとしての神回。おめがもんという野良の強敵を相手にもこう先生が粘って試合は白熱の展開に。

オワコンと言われていた時代がウソのように、第二の黄金時代が始まったことを象徴する動画。
もこうの時代はまだ終らない!

8 Like!

(⌒,_ゝ⌒)うおお!!ジュピター・ライト・オルゴン・マテリアル・ジェノサイド・スーパー・ハイパー・フィーバー・キャノン!!

もこうやぷよぷよにあまり詳しくなくても、ぷよぷよ動画単体として楽しめる屈指の神回。スプラトゥーンのキレ芸しか知らない最近のキッズはぷよぷよ動画も見て、単なる下手なプレイヤーではないことを知るべき。

4 Like!
【実況】 「ぷ...を詳しく見る
896回GoodされましたGood!

5位 もこう、胎児・りんごもちぃ・ティラミスとタッグマッチ! #1【スプラ】

  • 2015年12月12日投稿
  • 胎児を始めとしたトッププレイヤーの中にもこうが交じって、王の護衛軍を結成
もこう、胎児・りんごもちぃ・ティラミスとタッグマッチ! #1【スプラ】

スプラトゥーン実況において圧倒的なプレイスキルで名を馳せていた胎児と、下手なプレイとキレ芸で名を馳せていたもこうが、禁断のタッグを組んでスプラトゥーン実況を収録した動画。水と油のように思える両者だが、実は胎児がもこうのファンであり、もこうを徹底的に護衛する内容となっている。

カンスト勢で占められた味方陣営の中で一人B帯の男がルートを間違えるお粗末なプレイを繰り返しながら、護衛によってどれだけ活躍できるのかが見所だ。

9 Like!

味方の胎児は言わずもがな知られているが、その他のりんごもちぃやティラミスも有名なカンスト勢です。その中でB帯の王がオタサーの姫のごとく周りに守られながらプレイをする貴重な実況動画。
キレ芸しか能のないもこうが実際に胎児たちとタッグを組むなんて当初は半信半疑だったものです。

3 Like!
もこう、胎児・...を詳しく見る
883回GoodされましたGood!

6位 【発狂】 ポケ○ンセ○ターの面接に落ちる瞬間の映像

  • 2014年7月11日投稿
  • 野々村竜太郎の騒動から10日後の動画
【発狂】 ポケ○ンセ○ターの面接に落ちる瞬間の映像

野々村竜太郎の騒動が起きてから10日後ほどに投稿された動画。おそらく、もこうが野々村竜太郎にハマってそれに触発されたのだと思われる。

終盤の「ポケモン実況の王者がぁ、ポケセンの面接に落ちるってどういうことですかぁ」というあたりは野々村竜太郎そっくりで、どちらがオリジナルか分からないくらいのクオリティなので野々村好きは是非見るべし。

少子化問題、高齢ェェエエ者ッハアアアァアーー!! 高齢者問題はー! 我が県のみウワッハッハーーン!! 我が県のッハアーーーー! 我が県ノミナラズ! 西宮みんなの、日本中の問題じゃないですか!!

9 Like!

就職活動で内定をもらえなくても、企業とのミスマッチを防ぐ意味でも、ふしろ不採用というのは喜ぶべきだという次節を展開した直後に、ポケセンの面接に落ちて号泣する動画。
ちなみにもこう先生はこの時期本当に転職活動をしていて、就活関連の動画をいくつか投稿していた。現在は仕事をやめて実況に専念している。

5 Like!
【発狂】 ポケ...を詳しく見る
876回GoodされましたGood!

7位 【スプラトゥーン】大阪人、激怒のガチマッチ!その32-キッズに怒り爆発-

  • 2016年4月5日投稿
  • もこう史上最大のキレ芸。中でも第2戦は必見。
【スプラトゥーン】大阪人、激怒のガチマッチ!その32-キッズに怒り爆発-

もこうのスプラトゥーン実況の中でダントツでこれがオススメ。もこうはスプラトゥーンシリーズ後期になるとだんだんモチベーションが低下していくのだが、この頃はまだ向上心があり、それゆえキレ芸には熱がこもっている。

モズク農園でのキレ芸は台本では到底できないし(台本で親が子供生むななんて作れるわけもないし)、あの叫び声で腹がよじれるくらいに笑った。個人的にはスプラトゥーン実況のピークはこの動画。

6 Like!

初手謝罪からの1戦目勝利、2戦目キレ芸、3戦目やけになったプレイング、と17分の動画のなかでしっかり起承転結ができあがっている屈指の神回。
やられると何故か矛先が子供の親に向いたり、煽りイカをした味方にキレたり、叫んだり、とキレ芸が最高潮に達した回ではないだろうか。

5 Like!
【スプラトゥー...を詳しく見る
872回GoodされましたGood!

8位 もこう、有名実況者にボコされ引退を決意 【スプラトゥーン】

  • 2015年12月3日投稿
  • スプラトゥーンのニコ生放送中に「レトルト」と遭遇!?
もこう、有名実況者にボコされ引退を決意 【スプラトゥーン】

「こんちゃーす」でお馴染みレトさんが対戦相手となった動画。なお本人かどうかは不明。
もこう先生とレトさんはファンの層がまるで違うこともあり直接的な絡みはないが、もこう先生はよくレトさんの「こんちゃーす」を多用したり、リスナーが事ある度に「レトさん!?」というコメントをするので一方的にレトさんにちょっかいをだしていた。

そんなツケが回ったのか、レトさんにボコボコにされるもこう先生。ついでにレトさんに逆転されて負けるなど動画的に美味しいところが満載となっている。

7 Like!

おそらくなりすましか偶然名前が被っただけだが、ニコニコの有名実況者であるレトルトが相手となりマッチングした動画。対戦相手が4人いるにも関わらず、レトルトに集中してやられたり、最後の最後でレトルトがホコをもって逆転したりと神がかった展開となっている。
生放送中なのだが、負けたあとにしっかりゲームパッドを投げる当たり本当に悔しかった模様。

5 Like!
もこう、有名実...を詳しく見る
858回GoodされましたGood!

9位 厨ポケ狩り講座! -最終回-

  • 2010年9月18日投稿
  • もこうのデビュー作「厨ポケ狩り講座」の最終回
厨ポケ狩り講座! -最終回-

一つの時代が終わった瞬間である。厨ポケ狩り講座という、ニコニコの歴史に残る名作がここにて完結し、もこうはオワコンの向こう側へと走り続ける日々を送ることになる。

「ポケモンバトルでもっと大事なのは緊張感を持つこと」
この教えはもこう自身にも脈々と受け継がれており、「ポケモンに殺された男」「100万回引退した男」と揶揄されるような感情をストレートな実況はいついかなる時も緊張感を持っているがゆえなのだろう。

未だ初代厨ポケ狩り講座を超えるコンテンツは生み出せていないが、もこうはオワコンの向こう側で走り続けている。

9 Like!

「自分になれ」「オリジナルになれ」「自分を貫け」「常に挑戦者であれ」「常にマイノリティであれ」それがお前の…厨ポケ狩り講座だ

最後まで名言を残し終了した厨ポケ狩り講座。当時学生でよくニコニコを見ていたが、厨ポケが終わった時はショックだったし、これからのもこうがどんな動画を作っていくのかを楽しみにしていた。
当時のもこうが今のもこうを見たらショックを受けるかもしれないが、それは運命に抗おうと常に挑戦者であり続けていた結果なのだから、昔の自分の教えは守られているのだろう。

7 Like!
厨ポケ狩り講座...を詳しく見る
854回GoodされましたGood!

10位 【ポケモン】もこう7年の集大成【ポケットにファンタジー】

  • 2016年5月25日投稿
  • 名曲として知られるポケモン3代目ED曲をもこうが歌う
【ポケモン】もこう7年の集大成【ポケットにファンタジー】

原曲は早く大人になりたい子どもと、たまには童心に帰りたい大人の気持ちを歌ったアニメ版ポケモンのエンディング曲。リズムなど曲の作りとしては、アニメのメインターゲットである子供向けであるが、それを一緒に見る大人も歌詞を追っていくとどこか切なく、ノスタルジーな気分になれることが特徴だ。

もこうは7年前の学生時代に投稿したバトレボが全盛期と言われ、自他共認めるオワコンの時代を経て、今では専業のニコニコ動画投稿者となったという経緯がある。つまりもこうの境遇はこの曲の子どもと大人、どちらにも当てはまるものであり、歌うべくして歌った曲だということがわかる
そしてただノスタルジーなだけでなく、「小銭稼ぎ」と言われる現在の境遇を皮肉った歌詞、子供の突っ込みをニヒルに交わす関西弁などにもこう独自のエッセンスが詰まっている。

10 Like!

バトレボによる鮮烈なデビューから7年が経過したことを記念した「ポケットにファンタジー」の歌ってみた動画。原曲は小林幸子が歌っていた誰もが認める名曲なのだが、もこうというキャラクターをミックスすることで全く別の味を楽しむことができる。

5 Like!
【ポケモン】も...を詳しく見る
835回GoodされましたGood!

11位 ダウニーガチャが完全にパチ◯ロな件。

  • 2016年4月27日投稿
  • ダウニースロットで余りにも引きの悪いもこうが遂にキレる!
ダウニーガチャが完全にパチ◯ロな件。

シンさんなどダウニーガチャの気まぐれぶりに振り回されている実況者は多いが、ここまでストレートに暴言を吐く実況者はもこうだけだろう。ただ実際に運がかなり悪いらしく、厳密に統計を取った動画によると1/10くらいの運の悪さらしいです。
とはいえ動画的には当たらないほうがおいしいはずなので、内心喜んでいるのではないだろうか。

7 Like!

スプラトゥーンでウデマエを上げたい人ならほとんど誰もがダウニーのスロットに悩まされているのではないでしょうか。多くのプレイヤーがそのためにバックアップを取って当たるまでやり直しているほどです。

もこう先生以外にもダウニーガチャにイライラする動画を上げている実況者は多いですが、その中でも圧倒的にもこう先生の動画がシンプルに面白い。ゲーム実況者ならこれくらいの熱意を持って収録に臨むべき。

5 Like!
ダウニーガチャ...を詳しく見る
835回GoodされましたGood!

12位 【バトレボ実況】第二十二回 厨ポケ狩り講座!-その勇気-

  • 2009年10月31日投稿
  • 「勇気の切断だ」の元ネタが見られる
【バトレボ実況】第二十二回 厨ポケ狩り講座!-その勇気-

本来オンラインでの対人戦における切断行為というのは何があってはならないものである。お互い楽しむためにゲームをしているにも関わらず、どちらにも非がない状況において自分の都合で相手の楽しみを奪い、ただただネガティブな感情を生むからである。
インターネット対戦というのはリッチなゲーム体験とは裏腹に、お互いの通信回線が常時接続されていることが前提でありそのインフラ基盤は案外脆い。例えば無線回線で繋がっているのならルーターの電源を落とすだけでお互いの対戦を不意にできてしまうものだ。

もちろん、もこう先生もそんなことは知っている。むしろ知っているがこそ「勇気の切断」なのだ。ただ単に切断するのではなくそこに勇気を込めることが重要である。これをもって、もこう先生は一介の人気実況者ではなく、もこうたりえることができた。それを分かった上でこの動画を見てほしい。

9 Like!

『これはなぁ・・・勇気の切断だ!!』
『ヘタレジャナイ、ヘタレナンカジャナイ、チキンナンカジャネエ!』

今なお語り継がれる勇気の切断が生まれた動画である。そこの発言を見たい人は10分40秒あたりから見ると良いだろう。そしてその後の自分の行動を全く顧みない堂々とした釈明こそまさにもこう先生の魅力が凝縮されている。後に土下座謝罪動画が定番化するが、それも土下座という行為が独立して生まれたわけでもなく、こうしたもこう先生の文脈の中で生まれたものなのである。
もちろん切断をして開き直るという行為は全く褒められた行為ではない。ここに憤る人のほうが多いし、それが社会的に見て正しい行為である。しかし、もこうという偉大な才能を理解するにはそんなルールやモラルを超えなければならないことがこの動画で試されている。

8 Like!
【バトレボ実況...を詳しく見る
834回GoodされましたGood!

13位 【実況】 ぷよぷよ VS テトリス 超番外編

  • 2014年11月23日投稿
  • 意気揚々とぷよぷよテトリス大会に乗り込んだもこうだったが…!?
【実況】 ぷよぷよ VS テトリス 超番外編

もこうの土下座動画など100万回は見た光景であるが、人通りの多いテレビ朝日前で土下座して収録しているあたり、流石もこうである。これほどまでに土下座が似合う男は大和田常務か、利根川幸雄か、もこうかいったところだろうか。少なくとも実在する人物ではダントツである。

是非出落ちとして捉えるのではなく最後まで見てほしい。最後土下座をするもこうのもとに子供が駆け寄ってくるのだが、それを親が見てはいけない物のように急いで連れ戻していくオチは、まるでブックでもあるのではないかと疑いかねないほど神がかっている。これがもこうなんだよなぁ。

10 Like!

レッドブル主催のぷよぷよ公式大会に出場した時の結果報告動画。結果報告をするはずなのに最初から最後まで土下座をしており、尺が1分しかないことから結果を聞くまでもなくネタバレされているも同然である。

5 Like!
【実況】 ぷよ...を詳しく見る
834回GoodされましたGood!

14位 もこうの全キレ芸発狂集【スプラトゥーン】

  • 2015年12月13日投稿
  • もこうのキレ芸シーンを集めた動画。Part2もある。
もこうの全キレ芸発狂集【スプラトゥーン】

ガチ勢として名を馳せているぷよぷよと違い、発売日当日に購入したものの全然スプラトゥーンがうまくならないもこう先生。胎児やはんじょうなどプレイが上手い人気実況者が多数生まれた、群雄割拠のスプラトゥーン実況界において、もこう先生が生き残る術はキレ芸だった。

この動画だけを見ると単に頭おかしい人に思われるかもしれないが、もこう先生はちゃんと計算してキレていることを知ってほしい。実はもこう先生がキレ芸で人気になったことで、キレ芸をパクった亜種的な実況者が相次いだのだが、結局面白くなく、人気を獲得することはなかった。
もこう先生は視聴者が面白くなるよう全て計算してキレており、そこが平凡な実況者との違いだということを一人でも多くの人に知ってもらいたい。

9 Like!

もこうのスプラトゥーン実況はちゃんとストーリーになっていて、最初はひどい腕前だったのが、段々見られるくらいのものになってくる。しかしその過程で何度もキルされてはキレまくることを繰り返していたのを集めたのがこの動画だ。

これを見るとバカバカしいとか頭逝っちゃってるとか思う人が多いだろうが、これはもこうなりの唯一無二のエンターテインメントなのである。単に切れてるだけで何十万再生も集められるほどニコニコ実況界は甘くない。

5 Like!
もこうの全キレ...を詳しく見る
832回GoodされましたGood!

15位 【もこうMAD】存在が武勇伝な男【PERFECT HUMAN】

  • 2016年4月21日投稿
  • オリラジ「PERFECT HUMAN」のもこうMAD
【もこうMAD】存在が武勇伝な男【PERFECT HUMAN】

オリラジのPERFECT HUMANに乗せて、もこう先生の武勇伝をMAD形式でまとめた動画。MAD全盛期をとうに過ぎて、ランキングでMADを見かけることすらほとんどなくなった2016年になってなお75万再生を稼ぎだすもこう先生がいかに偉大かがわかる。

元ネタはsyamu_gameのMADだったのだが、それをオマージュしてもこう先生に適用したバージョンだが、替え歌のクオリティは明らかにもこう先生verの方が高い。サビの「nakata nakata」のところを「yutaka yutaka」に改変しているところは本家すら上回っていると思う。
そもそも武勇伝という意味ではオリラジよりも、もこう先生の方が上を行っているし、公式が起用してもいいくらい。

7 Like!

「これがもこうなんだよなぁ」という最後の締めが、すべてを物語っている。なぜもこうが奇才であるかが3分にして理解できる作品だ。

もこうだけでなく馬場豊、サベージというもこうから派生したキャラクターを絡めてそれぞれをMADの中で役割分担をさせていて、MADとしてのクオリティが非常に高い。
数あるもこうMADの中でもトップレベルの再生数を叩きだしており、アーティスティックな観点からはナンバーワンといえるのではないのだろうか。

6 Like!
【もこうMAD...を詳しく見る
823回GoodされましたGood!

16位 【実況】 マリオウェーカーwwwww part2

  • 2015年11月30日投稿
  • マリオメーカー問題を逆手に取って「レトルト」になりきって実況プレイ
【実況】 マリオウェーカーwwwww part2

当時マリオメーカー騒動で槍玉に挙げられていたアイドル系実況者の筆頭格であるレトルトのキャラクターを使って皮肉った動画。「こんちゃーす」というレトルトのセリフを筆頭に、喋り方もテンションも何気に似ているところが凄い。

当時マリオメーカー騒動に乗っかって正面から批判していたふぅさんや鋼兵さんは今や悲惨な目にあっているが、こうして斜め上から皮肉ることで批判の矛先をかわし、ちゃっかりクリエイター奨励プログラムで収益だけ生えるというスタンスはさすが「法で裁けない詐欺師」と言われるだけはある。

9 Like!

ここで「こんちゃーす」が好評だったからか、スプラトゥーンでもこのフレーズや口調は多用していて「レトさん!?」というコメントが並ぶようになっている。さらになりすましと思しきレトルトというプレイヤーにボコボコにされることにもなる。

3 Like!
【実況】 マリ...を詳しく見る
823回GoodされましたGood!

17位 サベージのぷよぷよ実況プレイ

  • 2016年5月5日投稿
  • βテストのままお蔵入りとなってしまったCVもこうの「サベージ」になりきって実況プレイ
サベージのぷよぷよ実況プレイ

もこう先生を声優に起用したマジカルストーンはもこう界隈ではカルト的な人気を博していたが、正式リリースを迎えることなく終了してしまった。そこで、もこう先生がマジカルストーンのサベージになりきって実況動画を投稿するというファン垂涎モノの動画である。

実況プレイをしながら、相手の妨害が入ったり、こちらが連鎖したりするといちいちキャンセルしてサベージボイスを入れたりと、無駄にリアリティが高い出来となっている。マジカルストーンには興味なかったけどサベージが好きな自分のような人間にとってはマジストの思い出は補完できる。

9 Like!

まさかサベージをまた見られる日が来るとは思わなかった。こうしてサベージを復活させる当たり、もこうはマジカルストーンに思い入れがあったのだろう。
マジカルストーンのサベージのボイスをそのまま踏襲した形で実況しているが、ところどころ課金ボイスという名の今回限定のボイスがあり、マジカルストーン動画も合わせてみるとより楽しめるだろう。

5 Like!
サベージのぷよ...を詳しく見る
769回GoodされましたGood!

18位 【バトレボ実況】第二十三回 厨ポケ狩り講座!-ポケモンボトムズ-

  • 2009年11月8日投稿
  • 「何やこの厨パァ!」の元ネタが見られる動画
【バトレボ実況】第二十三回 厨ポケ狩り講座!-ポケモンボトムズ-

冒頭の謝罪で"謝罪をしないというのが謝罪"という哲学を生み出しているが、不思議とこの頃のもこうは何を発言しても哲学のような示唆を感じさせる。

また12分30秒頃の発言「3割ちゅうのはポケモンにとっては、ポケモンにとっては7割を超える確率なんですよ」というのも同様だ。一見すると、いや論理的に考えてもこの発言の正当性はないのだが、この時期のこのタイミングでもこうが発することにより、言葉に力が宿っている。オワコンと呼ばれたもこうが同じ発言をしてもただの妄言と取られていただろう。
処女作にして全盛期を迎えてしまったもこうの輝きを象徴するパートとしてぜひおすすめしたい。

9 Like!

前回の動画で伝説の「勇気の切断」をしたことによる謝罪から始まるこの動画。ここで今後感情をストレートに出すことおよび謝罪をしないことを誓うのだが、もちろん今に至るまで感情の露出と謝罪以外のコンテンツは生み出せていない。

そして謝罪が終わった直後に、マッチングした対戦相手の陣営を見て「何やこの厨パァ!」と叫んだことは勇気の切断同様、今なお語り継がれる名言である。

5 Like!
【バトレボ実況...を詳しく見る
763回GoodされましたGood!

19位 【バトレボ実況】第二十五回-1 厨ポケ狩り講座!-神読 -

  • 2009年11月23日投稿
  • 「マンダのりゅうせいぐんはつよい」が生まれた動画
【バトレボ実況】第二十五回-1 厨ポケ狩り講座!-神読 -

『マンダのりゅうせいぐんはつよい』という名言が生まれた回である。
意味にするとボーマンダというポケモンが高いとくこうから放つ「りゅうせいぐん」が強いというだけのことであるが、あまりの語呂の良さからか一気にポケモンクラスタに広まり、今ではGoogleの予測変換に出るほどのワードになってしまった。

この頃のもこうはさながら名言製造機で、「変態型の厨ポケが厨ポケじゃないとか吐かす奴おるけどそれも含めて厨ポケやねん」など所々発している名言にも注目だ。

8 Like!

今ではもこう先生のバトレボ実況を知らない世代も増えてきていて、なぜもこうが「先生」と呼ばれているのかもしらないもこうファンもいるかも知らない。そんなニワカファンはまずはこの試合の1試合目だけでもいいから見るべきである。

とりあえずマンダのりゅうせいぐんはつよい。

5 Like!
【バトレボ実況...を詳しく見る
755回GoodされましたGood!

20位 【悲報】あまりの理不尽さにポケモン引退を決める瞬間

  • 2015年5月19日投稿
  • ポケモンバトル中に理不尽な目に遭ったもこうが引退宣言
【悲報】あまりの理不尽さにポケモン引退を決める瞬間

ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイアの通信対戦で起こった出来事。「ポケモンに殺された男」という呼び名が絶妙に感じる動画だ。

もこう先生のパルシェンが相手のオニゴーリを倒すのが規定となっており、相手の一撃必殺技である「ぜったいれいど」が当たらなければ、という試合展開だったのだが不運にもぜったいれいどが命中しやられてしまう。その運の悪さに絶望したのか「心臓がぎゅっとなった」として引退宣言をする。

よくよく考えれば絶対にありえないような確率ではないにも関わらず、一度の不運で引退を決めるというのはおかしいような気もするが、それだけもこう先生がポケモンバトルに魂を注いでいる証拠なのだろう。果たして凡人ならぜったいれいどが当たったくらいで心臓がぎゅっとなるだろうか。やはりもこう先生はすごい。

9 Like!
【悲報】あまり...を詳しく見る
747回GoodされましたGood!

21位 【ぷよぷよ!?】謎のパズルゲー、「MagicalStone」を実況してみた!#1

  • 2016年3月28日投稿
  • ぷよぷよ風の新しいゲームにもこう先生が声優として出演
【ぷよぷよ!?】謎のパズルゲー、「MagicalStone」を実況してみた!#1

運営会社がリアルマネートレードをしていたことが発覚し、β版のまま本リリースを迎えることなく終了したMagicalStoneの実況プレイ動画。MagicalStoneはどうみてもぷよぷよのパクリゲーであり、ぷよぷよ実況界で最も有名なもこう先生を声優に起用することで話題性を確保したかったのだろう。

サベージというキャラクターはもこう先生が声優をやっており、声優素人特有の棒読み感はなく、普通に他の声優陣と並んで違和感なくこなしているのが凄い。歌もうまいし何気にマルチな才能を発揮している。

10 Like!

ぷよぷよのシステムを踏襲して、ブームのe-sportsに乗せて現代風にアレンジしたマジカルストーンだが、もこうを声優に使ってプロモーションをするところまでは良かった。見た感じそれなりにゲームとしても作りこまれているし、これからヒットしていたのかもしれないが、そこは流石もこうというべきか、運営企業が炎上してサービス停止に追い込まれてしまう。

思えばこれまでも公式生放送など、もこうの行く先々には炎上が待ち構えていたし、その中で本人だけが生き延びるあたりが凄いところである。その後、もこうの顔文字をモチーフにしたゲームなどタイアップが増えているが、もこうの法則が働いて悪いことが起きないことを願うばかりだ。

6 Like!
【ぷよぷよ!?...を詳しく見る
745回GoodされましたGood!

22位 スプラのガキ共、ええ加減にせえよ

  • 2016年5月10日投稿
  • 度重なるゲームパッド破壊行為を咎めたリスナーに対してもこうが物申す
スプラのガキ共、ええ加減にせえよ

スプラトゥーンの実況プレイ中に2度目のゲームパッド破壊をしてしまったことに対する非難コメントに逆ギレをするもこう先生。なぜか任天堂が禁止しているバックアップを多くのユーザーが公然と行っていることに話をすり替えて、バックアップしてる奴らがなんで俺を叩いているんやということを延々と話す内容である。

なんでこんな内容が27万再生もされているのか、常人には理解できないだろう。20代中盤の冴えない男のすね毛と靴下と、関西弁だけが響き渡る内容であり、理解されなくて当たり前である。しかし、これを楽しめるのかどうかがインターネットコンテンツとしての感性の分かれ目であり、もこう先生はそのリトマス試験紙として存在しているのではないかと思える。

8 Like!

ゲームパッドを破壊したことを正当化するために用いた論点は2つである。

・バックアップをしている汚い奴らがなぜ俺を叩くのか
・ゲームパッドを破壊して再度購入することは発売元の任天堂の貢献になっている
ということである。これを一つ一つ検証していきたい。

前者の「バックアップをしている奴がなぜ叩くのか」ということであるが、これは典型的な話のすり替えである。Aをしたから悪い、でもBのほうがもっと悪いから、Aをしても悪く無いという理屈であるが、仮にBが更に悪いことであってもAの悪事が否定されるわけではないので、あまり有効な反論材料ではないだろう。

後者の「任天堂への貢献になっている」ことであるが、そもそも破壊したことによる批判対象は任天堂を貶めている、とうことではなくストレスをゲームパッドに当てて物を破壊する行為を公然と発信するなのかどうか、ということである。つまり物を壊せば貢献になるという理屈は、ゲームパッドに限らずあらゆるものに言えることであり、スプラトゥーンの実況動画の中でいう正当性はあまりないのではないか。

もこう先生の言い分を正論とみなす声も多いが、単なる理屈のすり替えであるので真に受けるべきではない。

4 Like!
スプラのガキ共...を詳しく見る
735回GoodされましたGood!

23位 【ポケモンXY】第一回 新・厨ポケ狩り講座!【実況】

  • 2013年11月10日投稿
  • 「厨ポケ狩り講座」の新シリーズがついに開幕!
【ポケモンXY】第一回 新・厨ポケ狩り講座!【実況】

ポケモンバトレボによるデビューから4年が経過し、ついにもこう先生が厨ポケ狩り講座に返ってきた。

「マンダは初手竜舞や!」
「マンダのりゅうせいぐんはつよい」
といった往年の名言も随所に散りばめられており、初代厨ポケ狩り講座の続編であることが印象付けられている。

7 Like!

第六世代に入り、ガブリアスやメガガルーラを始めたとした厨ポケが跋扈していた。そんな事態にみかねたもこう先生が厨ポケを一掃し、ポケモンのレート戦の環境を一変させると公言する意欲作。
(なおこの後モチベーションの低下によりオワコン化し、早期にシリーズを終了する模様)

4 Like!
【ポケモンXY...を詳しく見る
733回GoodされましたGood!

24位 【あの名曲】 そこに空があるから 【歌ってみた】

  • 2013年4月30日投稿
  • 「ポケットモンスターアドバンスジェネレーション」のED曲をもこうが歌う
【あの名曲】 そこに空があるから 【歌ってみた】

ネタに特化した恋愛サーキュレーションを除けばもこうの歌ってみた動画の中で最も多く見られた作品。ニワカのもこうファンは知らない人もいるかもしれないが、もこうは実況者をやめて歌うたいに転向したこともあり(といいつつゲーム実況の投稿はやめていないが)、数々のヒット曲を生み出している。

実況者がネタ的に歌ってみたを投稿することはあるが、もこうの場合はそれ単体でも十分に聞けるクオリティがある。やはり天は二物も三物も与えることがあるのだなと思わされる。

9 Like!

もこう特有の粘り気のある歌声と、ポケモンへの愛が詰まった感動的な曲。もこうは歌ってみたを投稿するときだけは真面目になるのだが、それでもどこか「もこうらしさ」が絶対について回っていて、他の歌い手には出せない味がでているのではないのでしょうか。

3 Like!
【あの名曲】 ...を詳しく見る
732回GoodされましたGood!

25位 もこうの全キレ芸発狂集 part2 【スプラトゥーン】

  • 2015年12月13日投稿
  • もこうのキレ芸シーンを集めた動画。Part1もある。
もこうの全キレ芸発狂集 part2 【スプラトゥーン】

Part1のキレ芸まとめ動画と違ってこちらは花火大会が多めになっているのが特徴。
花火大会とは、もこうは実況をだんぼっちという簡易防音部屋の中で行っているのだが、キルされたりして起こる度にだんぼっちを殴って花火大会のようなドンドンとした音をだすことです。

スプラトゥーン初期には見られず、途中から花火大会のウケが良いことを悟ったのか、今でも花火大会は見ることはできます。しっかりゲームパッドを殴って壊してる当たり、本当に迫真の実況プレイですね。

7 Like!

個人的な見所は7分55秒あたりに後輩が言った「本当に人間ですか?」とその直後から始まる「旅立ちの日に」の独唱。

いくら芸人などが羽目をはずしても「人間ですか?」という問いはなかなか出ないし、それをゲーム実況プレイという人ドアな行為の中で、そこまでハメを外せる実況者はもこうだけだろう。
また、もこうは歌うたいとして数々のヒット曲を排出しており、旅立ちの日の歌も妙に上手い。そこからビブラートとキレ芸をかけ合わせるところは必見です。

5 Like!
もこうの全キレ...を詳しく見る
724回GoodされましたGood!

26位 モコウ・カテ・ナイツ

  • 2016年1月28日投稿
  • スプラトゥーン以降の素材を駆使したノスタルジックなMAD
モコウ・カテ・ナイツ

ニコニコ黎明期の2007年あたりを髣髴とさせる作品だが、実は2016年に投稿されたばかりの動画である。あまりに時代に逆行した動画だが既に140万再生以上を稼いおり、MADにおけるもこうの存在感がいかに強いかを思い知らされる。

ウェーイ系実況者が無編集の動画を垂れ流し続ける昨今において、これほどまで疾走感があり、細かに編集された動画は珍しい。残念ながら現代ではそのような動画はあまり注目されない中で、もこうというコンテンツがミックスされるだけで、これほど多くの人に見られるということがいかに凄いことか、ぜひ理解してほしい。

8 Like!

スプラトゥーン実況を始めた2015年以降の動画が主な素材となっており、バトレボ時代からの文脈がわからなくても面白さがわかるはず。長らくオワコンと言われていたもこう先生が再び全盛期の輝きを取り戻しつつあることを象徴する動画である。

4 Like!

27位 内定を取り消され全てを失った者が、『Hello,Worker』 歌ってみた。

  • 2014年3月31日投稿
  • 内定取消し騒動後に「Hello, Worker」を熱唱する
内定を取り消され全てを失った者が、『Hello,Worker』 歌ってみた。

転職活動をしていた時期の動画。内定が決まり3月に入社が決まっていたはずが、コミュニケーションのトラブルでなぜか内定取り消しになったもこうがその境遇を生かして就活お祈りソングを歌ってみた動画。

もこうは歌うたいとしても十分聞けるだけの歌唱力があるのは知られているが、今回は特有の粘り気もなく、正当に歌い手でも通用しそうな出来になっている。

6 Like!
内定を取り消さ...を詳しく見る
723回GoodされましたGood!

28位 【バトレボ実況】第一回 厨ポケ狩り講座!

伝説の幕開け

  • 2009年5月25日投稿
  • もこうのデビュー作にして180万再生獲得
【バトレボ実況】第一回 厨ポケ狩り講座!

もこう先生の伝説はここから始まった!処女作にしてニコニコ市場最高傑作と言われる「厨ポケ狩り講座」の初回動画だ。この頃はまだ実況プレイに慣れておらず、名前も「もこう@」となっているあたりが時代を感じさせる。「旧約聖書」「玉音放送」といったタグもつくほど、歴史的価値のある動画である。

厨ポケとは「厨房でもゴリ押しで勝てるポケモン」のことであり、ポケモンバトルにおいて細かな戦術を抜きに単純な強さだけで勝ててしまうのだが、もこう先生はこれをいかに倒すのかをテーマにしている。
現在と違い容量やエンコードの都合上画質が荒く、今から新規ユーザーが見るには敷居が高いかもしれないが、もこう先生に関心のあるユーザーは一般教養として一度は見ておくべき動画だろう。

9 Like!

タイトル自体が挑戦的であり、バトル中の発言もなかなか強気なのだが、デビュー作ということもあってこの頃のもこう先生は対戦相手のことを「さん」付けで呼んでいたり、口調も敬語だったりと、もこうの人生を追憶するかのような感覚すら抱く。
ちなみにバトレボ実況があまりに偉大であるがゆえに、バトレボ終了後はオワコン化して長い間苦悩することになる。非凡な才能がヒット作を生むというのは常人には分からない苦悩がつきまとうのだろう。

5 Like!
【バトレボ実況...を詳しく見る
703回GoodされましたGood!

29位 【実況】 ぷよぷよ VS テトリス part1

  • 2014年8月17日投稿
  • テトリス有利の「ぷよぷよテトリス」でぷよぷよのみでカンストを目指す動画
【実況】 ぷよぷよ VS テトリス part1

ぷよぷよの王が帰還した動画。ぷよぷよテトリスという、ぷよぷよとテトリスどちらか好きな方でオンライン対戦ができるゲームだが、ゲームバランス的にテトリスのほうが圧倒的に有利という中、ぷよぷよの王こと、もこう先生がぷよぷよのみで全国1位を目指す動画。

さすがぷよぷよの王だけあって、Part1からレベルの高い試合が繰り広げられ、最終戦は崖っぷちから逆転するなど見所の多い試合となっている。

6 Like!

もこうはスプラトゥーンで知って、下手なプレイだがキャラクターで人気を得ていたのかと持っていたが、この動画を見てぷよぷよのガチ勢だということを知りました。
連鎖の数を早い段階から予見していたり、相手の連鎖に応じて返しをしたり、意外ともこうの頭の回転が速い事に驚いた。

0 Like!
【実況】 ぷよ...を詳しく見る
694回GoodされましたGood!

30位 ジャンプ公式生放送に登場し、見事放送を荒らし完全勝利したもこうUC

  • 2015年10月3日投稿
  • ジャンプ公式生放送に出演するも一人別室に隔離されたもこうが…?
ジャンプ公式生放送に登場し、見事放送を荒らし完全勝利したもこうUC

もこうがジャンプフェスタのイベントに公式参加を果たし、喜びのあまり動画を投稿してしまったほどなのだが、本番に待ち受けていた仕打ちはあまりにもひどいものだった。
なぜか出演者の中でもこう一人だけとんかつDJアゲ太郎の部屋に隔離され、他の出演者たちは当然出ずっぱりの中、もこうの出演時間は20分ほどで、他の出演者からも一切触れられることがなかったのである。

しかし、もこうが出演していないパートは信者が盛大に荒らし続けており、どうして別室に隔離されたのかはわからないが、放送を担当していた者達は頭を抱えていただろう。もこうが単なる一介の実況者ではなということを認識しなければならなかったのだ。
ちなみにとんかつDJはこの後にアニメ化を果たしており、まさにもこうは転んでもただでは起きないことを証明した。

9 Like!
ジャンプ公式生...を詳しく見る
686回GoodされましたGood!

31位 スプラトゥーンを引退します。今までありがとうございました。

  • 2016年1月7日投稿
  • スプラトゥーンシリーズでは初の引退宣言。翌日には普通に投稿を始めていた。
スプラトゥーンを引退します。今までありがとうございました。

もこうがスプラトゥーンおよび動画投稿を引退するという報告の動画。ちなみに動画投稿自体は翌日に、スプラトゥーンは通常のペースと変わらない4日後に投稿を始めている。

突っ込みどころは山程あればこれを見ればもこうが「法で裁けない詐欺師」と呼ばれる理由がよく分かるはずだ。ちなみにスプラトゥーンシリーズの中で合計10回ほど引退宣言をしている。

6 Like!

スプラトゥーン引退宣言の記念すべき第一回。これ以降、堰を切ったように何かと引退宣言を繰り返すようになるが、単体の動画にして引退宣言をしたのはこの動画だけ。
問題視しているもこう信者による愉快犯的な荒らし行為だが、基本的に自分自身の言動や動画スタンスによって発生したものであり、それを黙認しているにも関わらず、その現象をさも自分が被害者のように語る様は活目に値する。

仮にこれがクリエイター奨励プログラムに認定されていたら10万円ほどの収益が発生していると思うと感慨深い。

4 Like!
スプラトゥーン...を詳しく見る
685回GoodされましたGood!

32位 【もこう】 全てを失った男が シザーハンズ を 歌ってみた

  • 2010年12月25日投稿
  • 「厨ポケ狩り狩り講座」終了後にまさかの歌い手デビュー
【もこう】 全てを失った男が シザーハンズ を 歌ってみた

初代厨ポケ狩り講座が終了した後に投稿した、おそらくもこうの歌うたいとしての初めての歌ってみた動画。もこうの歌ってみたは本家のゲーム実況と違い、ほとんどネタを挟むことなく真面目に歌っているものが多い。
どこで歌唱力を鍛えたのか、無駄に歌唱力にステータスを全振りしているのが面白い。

5 Like!
【もこう】 全...を詳しく見る
654回GoodされましたGood!

33位 馬場場場場場場場場場

  • 2016年6月5日投稿
  • デビューから最新動画まで幅広く網羅したコテコテのMAD
馬場場場場場場場場場

バトレポから最新の企画動画まで、もこうの幅広い歴史を抑えた良質なMAD動画。もこうの動画では何か面白いネタを提供する度に「MAD素材提供」といわれ、深刻な素材過多の中から選りすぐりのもので構成されている。

2015~2016年はもこうMADの豊作年であり、ミリオンを二本達成しているほか、数十万再生の動画も数多く排出している。まさに「オワコンの向こう側」を走ることに成功していること象徴している。それもこれも加藤純一の功績である。

7 Like!

これが本当に2016年の動画か?と見まごうばかりのコテコテのMAD。タイムスリップしたかのような感覚に陥るMADが伸びるのは最近ではもこう関連でしか目にしないが、いかにもこうのコンテンツ力が高いかがわかる。
言うまでもないかもしれないが、「馬場場場場場場場場場」もこうの本名「馬場豊」にかけている。

6 Like!

34位 【バトレボ実況】第三十二回 厨ポケ狩り講座!-狩りの品格、訛り謝罪-

  • 2010年1月28日投稿
  • 「圧倒的謝罪力により法的な過ちさえも覆る」「マンダは初手竜舞や!」
【バトレボ実況】第三十二回 厨ポケ狩り講座!-狩りの品格、訛り謝罪-

『圧倒的謝罪力により法的な過ちさえも覆る』

もこうという名前がオリジナルだという主張に対して、東方の関係者と思しき本家からクレームが来たことに対する謝罪を行った動画である。
前述したとおり、東方というゲームのキャラクターの名前を使用していることが原因と推測されるため、本来なら著作権上の問題が発生するものであり、いくら本人が謝罪したところで解決しえないはずである。それは本人が実際に言っており、百も承知であろう。常人ならばそこで諦めて解明するか、開き直って無視するかどちらかであるはずなのだが、そこで冒頭の発言「圧倒的謝罪力により法的な過ちさえも覆る」という結論に至る。

そう、もこうは法律をも超えた存在になったのだ。現在では「法ではさばけない詐欺師」という異名が定着しているが、この動画を見れば納得していただけるだろう。気になった方はぜひ3分35分辺りくらいから見てください。

12 Like!

もこう先生があやうく「フランス=リスツ」という名前に改名しそうになった動画である。フランス=リスツって何だ?という思う人がほとんどだと思うが、多分何も意味は無いと思う。

ちなみに「マンダは初手竜舞や!」「上手くいかないなぁ、ポケモンってね。..だからおもしろいんだよ」といった数々の名言が生まれた動画でもある。

4 Like!
【バトレボ実況...を詳しく見る
647回GoodされましたGood!

35位 うんこちゃんvsもこう『ポケモン初代対抗戦』part14(終)

  • 2016年7月28日
  • うんこちゃんともこうがポケモンバトルをするシリーズ最終回
  • 持ってる二人の劇的な最終回とは?
うんこちゃんvsもこう『ポケモン初代対抗戦』part14(終)

配信王子こと「加藤純一」(うんこちゃん)と馬場豊こと「もこう」によるポケモン対抗戦のニコ生まとめ動画です。成り行きで決まった罰ゲームは、もこうが5分狩り(スキンヘッド説もあるがどっちかは不明)、加藤純一は高田健志と会いに行くという内容
高田健志という存在が5分狩りに匹敵するというのがまず面白い。(ちなみに加藤純一と高田健志は喧嘩別れをしていて、それ以来会ってないというバックグラウンドがあるのだが)

1時間おきにお互いのポケモン1匹をかけて対戦を行い、このパートは最終的な勝敗を決める試合が含まれている。勝負は一進一退の中、最後のバトルはキルゆたか(ダグトリオ)VSもこたん(カメックス)。ポケモンの名前だけでも神懸っている最終決戦の行方は、ぜひ動画を見て確かめてください。

6 Like!

「厨ポケ狩り」によって生まれたもこうが、うんこちゃんとの最終決戦に挑む。ネタバレになるので結果は控えておくが、やはりもこうはポケモンの神に愛されているのだなということがわかる。
うんこちゃんとの対抗戦はこれからも続くようなので名勝負数え唄として引き続き楽しませてほしい。

4 Like!
うんこちゃんv...を詳しく見る
645回GoodされましたGood!

36位 イカもこう

  • 2010年10月13日投稿
  • 「侵略!イカ娘」のOPを雑な手書きによって強引にもこうMADにした
イカもこう

2010年の時代性を感じさせるMAD動画。これくらいの時期には同じような低クオリティの手書きMADがそこそこ見られた気がする。
そもそもイカ娘ともこうに関しては、もこうがOPを歌っていたくらいでそれほど関係はないはずだが、無理やりこじつけても面白いコンテンツになってしまうのがもこうたる所以である。

8 Like!

絶対に一般の人には理解されない前衛的な手書きMAD 。
とりあえず何でも、もこうと絡めれば面白くなるという風潮がある事自体が凄い。キヨ、レトルトをイカ娘にしても全く面白くないのは想像に難くない。

6 Like!
イカもこうを詳しく見る
643回GoodされましたGood!

37位 ポケモンのアイテムは人間に効果あるか、リアルに技を受けてみたww

  • 2015年12月18日投稿
  • ポケモンのアイテムを使ってから技を受けるとどうなるかなどを検証した茶番動画
ポケモンのアイテムは人間に効果あるか、リアルに技を受けてみたww

ポケモンを愛しすぎた男によるポケモン検証動画。実際には全く検証にはなってなくてただの茶番である。
ユーザー記者による顔出し動画はこれ単体を楽しむというより、後にMAD素材としておもちゃにされるまでの前段として楽しめるとなお良いだろう。実際にPERFECT HUMANのMADではこの時の素材がふんだんに使われている。

6 Like!

YouTuber的なテンションの動画だが、いつものもこう先生に対するコメントありで見れば面白い。ただしコメント無しで見るには全く面白くない。いかにコメントシステムが偉大であるかが分かる動画。

3 Like!
ポケモンのアイ...を詳しく見る
634回GoodされましたGood!

38位 もこう先生でスプラトゥーンのCMも作った

  • 2016年2月13日投稿
  • 全部で5回登場する高田健志を全て見つけよう!
もこう先生でスプラトゥーンのCMも作った

これはもこうMADというより高田健志MADではないか。全部で加藤純一が1回、高田健志が5回登場しているが、全て見つけられるだろうか。
全て違和感なく高田健志を配置していて、なにげに投稿者の編集能力が高いことがわかる。

5 Like!

演者の顔ともこう先生の声のミスマッチが面白い。「販売中止に追い込んでやるよ」からのセット販売終了の流れは酷いw
さすが普通に喋っているだけでMAD素材を提供しているだけあって、もこうMADの層の厚さは凄いですね。

4 Like!
もこう先生でス...を詳しく見る
632回GoodされましたGood!

39位 【悲劇】内定取り消しの通告を受ける瞬間の映像【発狂】

  • 2014年4月6日投稿
  • 実際に就職活動中におきた内定取消し騒動の再現動画
【悲劇】内定取り消しの通告を受ける瞬間の映像【発狂】

もこうが内定を取り消された時の動画であるが、なぜ突然の電話に対してカメラを回していたのか、という疑問もあるし、再現映像な気がする。
いきさつとしては、内定した企業に3月3日に入社日を迎えたが、その日と同日に別の企業の面接が入ったことで入社日を送らせて欲しいと連絡したところ了承を得たと思っていたら、なぜか企業の方が内定を辞退したとみなしてしまい、もこうとしては内定取り消しにあったということらしいです。

本当ならひどい話ですが、何もかも動画のネタにしてしまう妖怪小銭稼ぎとしては本領発揮したとも言えます。

4 Like!

内定取り消しにあった時の映像で「違うんです」を連呼しているが、「ヒルナンデスで値切ろうとした男」にかけて「チガウンデスで内定取り消そうとした男」というコメントが秀逸。

詳しい経緯はこちらのブログに書かれている。
http://mokou1.blogspot.jp/search/label/職歴一年未満の転職物語

3 Like!
【悲劇】内定取...を詳しく見る
631回GoodされましたGood!

40位 【バトレボ実況】第三十一回 厨ポケ狩り講座!-もこう殺しの時-

  • 2010年1月11日投稿
  • もこうがオンラインで「もこう」と対戦する動画
【バトレボ実況】第三十一回 厨ポケ狩り講座!-もこう殺しの時-

14分あたりから始まる第三戦の対戦相手がなんと「もこう」を名乗るなりすましで、本人となりすましが戦うという展開になる動画である。
試合は見事もこう先生本人の戦略がハマり勝利するのだが、勝利を確信した際に放ったセリフ「重くないか?その名前」は現在でも語り継がれており、実際にグッズ化までしている。

試合前には相手を殺めるかのような発言をするほど意気込み、試合が有利に進むほどもこうがもこうである自覚が高まっていき、ついにはあのセリフが生まれた。昨今のアイドル化した実況界隈からは考えられない血のたぎる死闘がここにはある。
ゲーム実況というのは本来常人にはできないプレーを見せるものであり、ウェーイと叫びながら下手なプレイをありがたがって見るものではないのである。

9 Like!

なりすましのもこうは、ちゃんとトレーナーの姿までトレースしており、もこうせんせいに対するリスペクトはあったのだろう。しかしまさか本人と当たり、コテンパンにされるほどの覚悟はなかったように見受けられる。
もこう先生自身からキツイ言葉が飛んでいるが、それは常人が真似したら危険だということをより正確に伝えるための優しさだったのではないか。今なお続くもこうという名の生き方は誰にも真似できないことを決定づけた動画である。

6 Like!
【バトレボ実況...を詳しく見る
623回GoodされましたGood!

41位 【ぷよぷよ】 生放送で「19連鎖」達成する瞬間

  • 2014年9月23日投稿
  • ぷよぷよの最大連鎖である「19連鎖」をもこうが達成する
【ぷよぷよ】 生放送で「19連鎖」達成する瞬間

ポケモンと並んでぷよぷよ界のトップ実況者であるもこう先生がぷよぷよでの最大連鎖19連鎖に挑む動画。もこう先生のぷよぷよ愛は今更言うまでもないが、19連鎖を達成した時の飾り気のない喜びを見ていると、昔の実況者はみんなそうだったんだよなあと少し懐かしい気分になる。

6 Like!

ぷよぷよそっくりのマジカルストーンで幻の声優デビューを果たしたサベージのキャラクターが脳内で聞こえてきたら一流のもこうファンと言えるだろう。自分はぷよぷよはさっぱり分からないけど、もこうの動画だけは見ています。

4 Like!
【ぷよぷよ】 ...を詳しく見る
623回GoodされましたGood!

42位 【実況】 マリオウェーカーwwwww part1

  • 2015年10月17日投稿
  • マリオメーカー問題を逆手に取って「キヨ」になりきって実況プレイ
【実況】 マリオウェーカーwwwww part1

ニコニコを普段見ない人はこれの何が面白いのか全く理解できないと思うので解説。

マリオメーカーが発売された当初、ニコニコ動画では人気実況者がこぞってマリオメーカーをあげ始め、ランキングを独占してしまったことがあった。またマリオメーカーの実況プレイ動画は収益が発生するため、金銭目的で皆がやり始めたのではないかという猜疑心もあり、この現象を「マリオメーカー問題』と呼び、ニコニコの中で大きなトピックとなっていた。

この騒動のさなか、実況投稿の頻度を落とす者、騒ぎに乗じて運営批判をする者など様々だったが、もこうは傍観を決めていた。しかし、もこうは「妖怪小銭稼ぎ」と呼ばれており、いち早くユーザーチャンネルを開設して収益化していたため、マリオメーカー動画を上げることにさほど抵抗がないはずであり、それを訝しむものもいた。

そして発売から1ヶ月が経過し、ようやくあげた動画がこちらだ。バカのひとつ覚えのように繰り返している「ウェーイwww」とは、マリオメーカー騒動の時に批判されていた実況者がウェーイと騒ぎながら動画を垂れ流していたことを揶揄した「ウェーイ系実況者」から来ている。
実はこの時にはマリオメーカー騒動もほとぼりが冷めつつあり、このタイミングでならウェーイ系実況者を皮肉っても自分に火の粉がかからないと判断したのだろう。結果としてこんなお粗末な動画ながら60万再生を獲得しており、10万円を越す収益を上げていると推測される。

何がいいたいのかというと、自分が批判されないような火事場泥棒をして上手く収益を挙げられた動画だということだ。

8 Like!
【実況】 マリ...を詳しく見る
623回GoodされましたGood!

43位 チャンピオンもこう

  • 2016年3月17日投稿
  • 「もこう」と「馬場豊」の対戦MAD
チャンピオンもこう

厨ポケ狩り講座の頃のもこうと、オワコンに成り果てた馬場豊が対戦することをイメージしたMAD動画。本名の馬場豊が判明してからの歴史が浅いからか、比較的新しい素材で構成されている。とんかつDJの元ネタが分からない人は「もこう とんかつDJ」でググろう。

MAD内の戦闘でも馬場豊がキッチリ負けているあたり、オワコンの向こう側は所詮オワコンなのだと思い知らされる。

4 Like!
チャンピオンもこうを詳しく見る
623回GoodされましたGood!

44位 【実況】 マイクラで学ぶブラック企業 part1 【Minecraft】

  • 2015年1月11日投稿
  • もこうのマイクラシリーズの第一弾
【実況】 マイクラで学ぶブラック企業 part1 【Minecraft】

もこうがリーダーとなって指揮を執るはずが、開始早々リスナーになめられて次々とやられ続けるところがもこうクオリティ。
もこう自身にあまりマインクラフトのプレイ経験がないので、指示はざっくりで、自分自身はなにもしないという無能上司の典型ではあるが、グダグダ展開を楽しむシリーズなので肩肘張らずに見てみよう。

4 Like!
【実況】 マイ...を詳しく見る
615回GoodされましたGood!

45位 【速報】もこう、新聞に載る!!

  • 2015年8月28日投稿
  • 「日経MJ」に掲載されたことを報告するが、名前バレとなるキッカケにもなった
【速報】もこう、新聞に載る!!

この動画がキッカケとなり本名が割れてしまった問題作。自分の名前の箇所は黒塗りしているのだが、わざわざ新聞の名前と掲載されている場所をご丁寧に報告しているのだから、同じ新聞を見れば本名が特定されることは容易に想像できると思うのだが…なぜこの動画を上げたのか。

しかしこの動画によって馬場豊という本名は公然のものとなり、ブランドイメージとして定着したのだから先見の明が凄いとも言える。

8 Like!

日経MJという日経が発行する新聞に掲載されたことを喜んで報告する動画。一見すると実況者としての知名度として掲載されたかのように見えるが、だんぼっちという簡易防音部屋を作る商品にフォーカスした記事で、もこうはその消費者として掲載された模様。3行くらいしか言及されていないのに嬉しさのあまり動画化してしまったもこたんを愛でる動画です。

6 Like!
【速報】もこう...を詳しく見る
605回GoodされましたGood!

46位 もこうのうた

  • 2016年1月12日投稿
  • もこうが「もこうのうた」を歌う25秒の動画
もこうのうた

意味がわからない人にとってはなぜこれほど多く見られているかは到底理解できないし、理解できる人にとっても面白い歌なわけでもない。一般の人よりは上手いが、他の歌い手と比べて歌唱力があるわけでもない。にも関わらず、これだけ強力な磁場を作れるのがもこうたる所以だろう。
これにハマってリピートし続ける奴にきっとリア充はいないはずだ。

7 Like!

安直な歌詞をボカロに合わせて数十秒歌っただけなのに、不思議に妙な中毒性がある。歌い手でもなく、ゲーム実況者でもなく、「もこう」というジャンルを切り開き続けたもこう先生が織りなす歌に酔いしれるべし。

4 Like!
もこうのうたを詳しく見る
605回GoodされましたGood!

47位 【実験】キモヲタが「干物妹!うまるちゃん」のアレをやるとこうなる。

  • 2015年8月2日投稿
  • 当時流行っていた「干物妹!うまるちゃん」のシーンを再現した動画
【実験】キモヲタが「干物妹!うまるちゃん」のアレをやるとこうなる。

干物妹うまるちゃんの元ネタはこちら↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26676473

これをもこう先生がトレースして行うとどうなるのかという動画。
用意したお菓子はほとんど同じで、セリフも頑張って似せようとしているのだが、基本的に終始グダグダ。でもグダグダなのが面白い。コーラを飲んだあとに堂々とゲップをすることが求められているのはもこう先生だけだろう。

とはいえ、うまるちゃんも、もこう先生も知らずに見たらさっぱり面白くないはす。コメントにある「もこうだから伸びた、いろんな意味で」という言葉が全てを物語っているだろう。

5 Like!

ただお菓子を食べるだけなのに、潰瘍性大腸炎という病気を投稿者コメントで持ちだして同情を誘うスタイル。ちなみに本当にこの病気を抱えており、「人工肛門馬場豊」というネタも存在するがそれは別のお話。

0 Like!
【実験】キモヲ...を詳しく見る
604回GoodされましたGood!

48位 【原価80円】 お米で作る「お好み焼き」の作り方講座!!【自炊の神】

  • 2014年12月24日投稿
  • 創作料理「もこのみやき」が生まれた瞬間
【原価80円】 お米で作る「お好み焼き」の作り方講座!!【自炊の神】

サムネイルを見てわかるように、どこがお好み焼きなのかさっぱり分からないが自称お好み焼きを作るもこう先生。ご飯と卵をかき混ぜたあと、キャベツを上に載せてそれを鍋で焼くという何がなんだかさっぱりわからない料理を作ります。

どういうわけか、もこう先生はあまり再生数が伸びるわけでもないのになぜか料理シリーズを投稿していて、その中でも最も酷い出来なのがこの動画なので、ある意味貴重でもある。

7 Like!
【原価80円】...を詳しく見る
583回GoodされましたGood!

49位 もこう VS ヒカキン ボイパ対決 Bad Apple!!

  • 2015年3月27日投稿
  • 「ヒカキンボイパ対決シリーズ」のもこうバージョン
もこう VS ヒカキン ボイパ対決 Bad Apple!!

時代の寵児となり今や年収数億ともいわれるヒカキンともこうのボイパ対決MAD。見よ、このもこうの変幻自在のバラエティーに対して、ただただ音を出すことしかできないヒカキンの単調さを。

ヒカキンはキッズを中心に大衆的なコンテンツで幅広い人気を得ている一方で、やってることは薄っぺらいボイパや商品紹介だけである。巷に蔓延るYouTuberなるものがもこう先生にとってはいかに矮小なものであるかがこの動画を見ればわかる。本物は、もこうだ。

5 Like!

ニコニコのシリーズである「HIKAKINボイパ対決シリーズ」のもこう先生バージョン。
正直なんの対決なのかさっぱり分からないが、ヒカキンはやっぱり王道だったんだなとういことを理解した。

1 Like!
もこう VS ...を詳しく見る
543回GoodされましたGood!

50位 ポケモン廃人のポッ拳 【実況】

  • 2016年5月16日投稿
  • 非常に低いマイリスト率が物語るグダグダ動画
ポケモン廃人のポッ拳 【実況】

マイリス率が約1/700という数字が物語っているように、もこう先生が特に見どころなく初心者としてポッ拳をプレイして普通に負けるだけの動画。特に思い入れもないのか、続きを投稿することなく単発で終わってしまった。

ポッ拳動画はこいろ(5)が人気を博していたが、後にこいろ(5)が「ポケットにファンタジー」の歌ってみたを投稿した直後に、パクって同じ曲の歌ってみたを投稿するのだが、もしかしたらポッ拳が原因なのかもしれない。

3 Like!
ポケモン廃人の...を詳しく見る
503回GoodされましたGood!

もこうの動画スタイル

もこうの実況動画は感情を表に出すことが多く、とりわけポジティブな面を重視する実況者が多い中、怒りに任せて暴言を吐いたりや物に当たったりすることが多いことから、好き嫌いが分かれる実況者であると言われています。

2009年にポケモンバトルレボリューションによる「厨ポケ狩り講座」で動画投稿を始めると、瞬く間に人気を博し、もこうは多くのファンを抱える人気実況者となります。
その後もぷよぷよやマインクラフト、スプラトゥーンなどのシリーズでもヒットを続け、今ではニコニコ動画を代表する投稿者の一人となりました。

またゲーム実況がメインでありながら、歌ってみた動画の投稿にも意欲的です。歌唱力には定評があり、本職であるゲーム実況以上に王道の作品を投稿していることで、多くのタイトルで殿堂入りを果たすなど、一定の実績を上げています。

新しいアイテムを提案

この記事に追加してほしいアイテムがあればフォームに入力して送信してください。内容を運営がチェックした後に、掲載を許可したアイテムがこの記事に追加されます

カテゴリ一覧