2016年11月11日

音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」とは何か?「コムアイ」さんってどんな人?

コムアイさん最高です\(^o^)/
最近私が注目しているのが「水曜日のカンパネラ」というヒップホップユニットです!
「ピコ太郎」と同じ回にMステに出演して話題になりましたね。
この記事では、いったい水曜日のカンパネラとは何なのか?歌手のコムアイさんや、作曲をしているケンモチヒデフミさんはどういう方なのかということを詳しく説明していきます。

とりあえず聴いてみてください!

まず、「水曜日のカンパネラ」という言葉を見たり聴いたりして、このページにたどり着いたという方は、とりあえずYouTube動画を見てみてほしいです。公式が動画をあげているので、違法視聴ではありません。
とりあえず私のおすすめの曲は「ラー」ですね。スケールの大きいPVが魅力です。コムアイさんの歌声もいい感じです。踊りも好き。

正義正義正義と言っても
ちっとも食えないこんな世の中は
3度のメシよりメシアに会いたい
プレイマイオスは13世

などと、独特の歌詞もすごいですね。

あと、「チュパカブラ」もオススメの曲の一つです。

皮膚伸展 血管固定
針刺すときカット面は上
走行にあわせ10度から20度
ライトハンド ホルダー固定し
まっすぐに刺し真空採血管
抜いたあとすぐ転倒混和し
刺入部位
アルコール綿で圧迫しながら抜針

書き出してみるとすごい歌詞ですねw
歌ってるコムアイの看護師説も囁かれたくらいです。
「看護師」からの評価も非常に高い曲です。私も医療関係のことをしていた時期があるのですが、この曲大好きです!

趣味が「鹿の解体」というくらいですから、医療系や生物系の知識が豊富なのかもしれません。もともと慶應大学出身で高学歴ということもあり、非常に頭の良い印象を受けます。

もし、PVなどを見て「水曜日のカンパネラ」に興味が出たなら、この先の文章も読んでほしいです。

 水曜日のカンパネラとは?

2012年から活動している音楽ユニットです。
メンバーは歌を歌っている綺麗な女の子「コムアイ」さんと、 作詞・作曲をしている「ケンモチヒデフミ」さん、PVの映像など他の色々な行動を取り仕切っている「Dir.F(ディレクター・エフ)」さんの3人です。

最近急上昇中?

最近、Mステ(ミュージックステーション)などに出演して、SNSなどでもコムアイさんの話題が持ち上がっています。
もともとYouTubeでファンをじわじわ伸ばしてきたユニットなのですが、ジャニーズの亀梨和也さんがハマっていると公言したことなどもあって、どんどんその勢いを伸ばしてきました。

名前の由来は?

「水曜日のカンパネラ」の語源は、水曜日に打合せが多かったから・・・と言う理由と、それ以外にも、様々な説がある。

ということを公式ホームページが言っています。一度聞くと印象に残る名前ではありますね。

初期メンバーは「コムアイ」さんだけではなかった?

水曜日のカンパネラの活動は、2012年の夏に初音源「オズ」や「空海」を投稿 したことから始まります。そのパッケージ(YouTube動画のサムネイル)はこんな感じになっています。

コムアイさんは、もともと会社員になるつもりだったのだけど、「歌をやらないか?」と誘われたのだと言います。大学2年生か3年生くらいの頃からの活動だったのでしょうか。

今やMステにも登壇するほどの大スターですが、最初は「ちょっとやってみたい」くらいのノリで始まったのかもしれません。
映像作家のホームパーティーで誘われたことが歌手活動を始めるキッカケだったそうです。

最初は歌手が3人の予定だった、みたいな話もありますが、グループを装丁していたのかもしれません。今のような形が強力になったのは、コムアイさんの強すぎる個性が爆発したからなのかも……!

コムアイとは?

  •  本名:輿美咲(こしみさき)
  • 生年月日:1992年7月22日
  • 血液型:A型
  • 学歴:慶應義塾大学卒

コムアイ(KOM_I)というのは、「コシ ミサキ」→「ko_mi」→「kom_i」となったそうです。おしゃれなネーミングの付け方ですね。

現在は24歳だと思われます。まだまだこれからの年齢です。これからどんどん大物アーティストになっていきそうです。

また、学歴は「慶應義塾大学」とあります。高学歴アーティストでもあるのですね。実は、コムアイさんの父親は輿亮(こしまこと)さんで、東大卒のアメフト解説者です。中等部・高等部から慶應大学だそうで、かなりのお嬢様として育てられたと推測できます。
高校時代にNGOやNPOと関わりを持ち、サルサダンスに熱中してキューバに渡って修行したこともあるそうです。いろいろすごいですね。

コムアイさんは色んなところでインタビューをしているのですが、自然科学や文化などの知識がとても豊富で、色んなセンスに溢れる方だと思います。当然ですが、コムアイさんがいなければ「水曜日のカンパネラ」は成り立ちません。

ケンモチヒデフミとDir.F(ディレクター・エフ)とは?

水曜日のカンパネラの作詞作曲を担当するのが「ケンモチヒデフミ」さんで、一般的な音楽ユニットのマネージャーやディレクターにあたる色々なことをやっているのが「Dir.F(ディレクター・エフ)」さんです。
二人はあまり表には出てこずに、コムアイを押し出す形でやっています。

水曜日のカンパネラは、コムアイの魅力とインパクトが強調されがちですが、PVの映像が毎回ものすごく面白いですよね。
シンガーソングライターではなく、ユニットなのだという印象を強く受けます。

水曜日のカンパネラはこれからどんどんヒットしていくと思います。

CDなどを積極的に買って応援していきたいです!

おすすめの邦楽アーティストをランキング形式で紹介
おすすめの邦楽アーティストをランキング形式で紹介
この記事は、運営チームとユーザーの投票によって「おすすめ」された邦楽アーティストを、ランキング形式で紹介しています。それぞれのタイトルページには、ユーザーも投稿可能な、各アーティストの評価、レビュー、感想などがコメントの形で表示されています。 この記事をきっかけに、一人でも多くの日本のミュージシャンを知ってもらえれば幸いです。

芸能・音楽の記事を探す

カテゴリ一覧