2016年11月05日更新

パ・リーグの2016年シーズン投手勝利数ランキングを紹介

この記事は2016年のプロ野球パシフィック・リーグにおける投手の勝利数ランキングを、各選手ごとにおすすめの理由とともに紹介しています。
セ・リーグと違いDH制を採用しており、強打者揃いのパリーグでは先発と言えども、常に高い集中力を要求される厳しい世界です。そんな中で多くの勝ち星を上げた選手たちの魅力を感じ、プロ野球をより楽しんでいただけるのであれば幸いです。

プロ野球の記事は以下のようなものもありますので、是非読んでみてください。

いよいよ大詰めのプロ野球のペナントシリーズを振り返りつつ、読んでいただければ幸いです。

1位 和田毅(15勝)

2016年最多勝を獲得したアメリカ帰りのサウスポー

  • リリースポイントが見えない独特なフォーム
  • そのためスピードこそないが体感速度が早いことが武器
  • 2012年から2015年まで4年間メジャー挑戦をした
和田毅

ここ4年間はメジャー挑戦しており、オリオールズでは早々に靱帯損傷でトミージョン手術を受けて再起するも自由契約となり、新天地のカブスではマイナー契約からメジャーまで登ったもののかろうじて勝ちを拾ったところで首になってしまった。メジャーは厳しい。

古巣のソフトバンクに帰ってきたが手術をしたことで元の活躍は見込めないと思われていたが、往年のキレを取り戻して15勝5敗で最多勝を獲得している。松坂大輔はもっと高い年俸を貰っているが一向に一軍で登板する気配もなく、和田を見習って活躍してほしい。

2 Like!

防御率は3.04と実はさほどでもないのだが(ソフトバンクの平均防御率は3.08)、援護率が4.87と高いことで上手いこと勝ちを拾えている印象。まあ投球回数もそれなりに多いし、もちろんチームに貢献してはいるのだが。
セ・リーグの菅野が典型的だけど、いくら良いピッチングをしても援護がなければ勝てないわけで、最多勝のタイトルは運のファクターが大きいと思う。

1 Like!
サウスポー論 (ワニ文庫)
  • メディア文庫
  • 作者和田 毅
  • 出版・メーカーベストセラーズ
  • 発売日2015-03-21

2位 石川歩(14勝)

遅咲きのロッテのエース

  • 社会人を経て2014年にドラフト1位指名された
  • ルーキー以来3年連続の2ケタ勝利で、新人王も獲得
  • 2016年には防御率王を確実なものにしている
石川歩

プロとしてのキャリアは浅いが(社会人卒なので年齢はさほど若くない)、ピンチでも動じずに投げられるメンタルの強さがあり、常に安定して試合を作ることができる。実際に残塁率が高く、ランナーを置いてもきっちりと抑えていることはデータも証明している。
150kmを超えるストレートに決め球のシンカーが武器で、パ・リーグ屈指の好投手だが地味なのが惜しい。ロッテのいい選手って地味な人が多い気がする。

2 Like!

リーグトップの防御率2.16は2位の菊池雄星と0.42も差があるダントツの一位。勝利数もリーグ2位の14勝と素晴らしい投手。28歳とまだ若いのだが、もみあげとヒゲがつながっていたり、口ひげを蓄えていたりして野獣っぽくて老けて見える。

2 Like!

2位 武田翔太(14勝)

魔球カーブを武器に勝ち星を重ねる23歳の新鋭

  • 最速154キロのストレートと縦に大きく割れるカーブが武器
  • 特にカーブは球界最高と言われ魔球と称される
  • 23歳ながら2015年から2年連続で2ケタ勝利をあげている
武田翔太

顔は地味だけど凄くいい投手。最速154キロのストレートに、縦に大きく落ちる"魔球"カーブを持ち合わせた本格派投手。コントロールが良くないのが唯一の欠点。
まだ23歳と若く、これから最多勝などの主要タイトルにも手が掛かってくるだろう。

1 Like!

世間的には大谷の影に隠れてしまっているが、本来ならもっと注目されているであろう選手。コントロールは悪いものの、ストレートとカーブを始めとした変化球は見張るものがあり、まだまだ今後成績を伸ばしていく可能性を感じる。

0 Like!

4位 菊池雄星(12勝)

自身初の二桁勝利を達成した左の本格派

  • 最速157キロの速球を誇る左腕
  • 2016年には自身初となる2ケタ勝利を達成
  • 同年にはフリーキャスターの深津瑠美さんと結婚した
菊池雄星

肩甲骨の柔軟性が凄く、肩の可動域がとんでもなく広いらしく、左腕としてはプロ野球史上最速となる157キロを投げている本格は投手。花巻東高校時代から将来を嘱望されていたが、今年ようやく2ケタ勝利を達成した。
メンタルが課題でことごとく試合を壊してしまうことがあったが、キャリアを重ねて安定して試合を作れるようになってきた印象がある。女子アナの姉さん女房をつかまえたことだし、一家の大黒柱として頑張って欲しい。(子供いないけど)

4 Like!

本来ならとっくにエースになっているべき選手なので、むしろ活躍するのが遅いくらい。まだ25歳と若いのでむこう5年10年は戦える投手になって欲しい。

0 Like!
選手は野球するロボットではない ~菊池雄星育てた「佐々木流」の教え (朝日新聞デジタルSELECT)
  • メディアKindle版
  • 作者朝日新聞
  • 出版・メーカー朝日新聞社
  • 発売日2016-01-08

4位 千賀滉大(12勝)

2016年シーズンに才能を開花させたソフトバングの若き右腕

  • 最速156キロの速球と落差の大きなフォークとスライダーが武器
  • 高校時代は全く無名で育成ドラフト4位から成り上がった
  • 2016年には育成ドラフト出身としては最多の12勝をあげた
千賀滉大

今でこそ「右の本格派」と言われているが、プロ入りしてからストレートも変化球も急激に向上した選手。
一軍で活躍した選手がほとんどおらず、育成枠はいたずらに選手を不幸にするだけと言われたりもしているが、千賀は育成枠出身で急成長を遂げているからやっぱ育成って大事やな、と思う。
2016年は12勝3敗という凄い結果を残していて、今やホークス先発の柱になっている。

2 Like!

当時はそこそこ球が速いくらいで全くストライクも入らず、変化球もてんで駄目で、スカウトの目に留まる選手ではなかったのだが、なぜか千賀の才能を見抜いたスポーツ用品店のおっちゃんの紹介で育成ドラフト入りしている。さすらいのスカウトみたいな人が実在したことにびっくりした。

0 Like!

6位 有原航平(11勝)

日本ハムの新しきエース候補

  • 最速156キロの速球と多彩な変化球が武器
  • 2015年には新人王を獲得
  • 2016年にはチーム最多の11勝をあげて優勝に貢献
有原航平

ストレート、変化球、コントロール全てが一級品の2年目新人。ドラフトでは1巡目に4球団した超大物ルーキーだったが、初年度は勝利数の割に打たれまくっていたからあまりいいイメージはなかった。
今年は前評判通りか、それ以上の活躍で前半戦は日ハムの中で孤軍奮闘していた。ただ重要な後半戦に息切れしてハリさんにも喝をもらっていた。プロって通年で活躍するのがやっぱり難しいんだなと思わされた。

2 Like!

あまりイメージがないかもしれませんが、大学時代からコントロールの良い投手と評価されており、150キロを超える速球と、カットボールで凡打の山を築いています。
プロでは1年続けて活躍するのが難しいと言われていますが、有原もまさしくそこが課題で、優勝争い真っ只中で負けが先行してしまったのが印象良くないですね。最後に大谷に全て持って行かれたような気がします。

0 Like!

7位 大谷翔平(10勝)

常識を超えた日本が誇るスーパースター

  • 球速165kmはプロ野球史上最速
  • 2リーグ制以降初となる2ケタ勝利2桁本塁打を記録
  • 2016年は完封でチームの歴史的逆転優勝を決めた
大谷翔平

去年は15勝をあげていて、今年は10勝だと物足りなく感じるが、野手で100試合以上出場しての10勝でも意味分からないレベルの数字。防御率は2.24から1.86と向上しており、規定投球回数に到達していれば余裕で防御率王を獲得している。
今年は球速160キロ以上が常態化していて、159キロがマックスの試合になると「今日は抑えていましたからね」という解説が入るくらい。いや、90年代まで158キロがプロ野球最速だったんだよなあ…。

2 Like!

王貞治やイチローのようにこの先何十年と語り継がれる選手になる可能性が高い選手。注目を集めることで自分を見失って成績を落とす選手が少なくない中、高校時代からマスコミに追われながら自分を決して見失わず着実にステップアップしていく姿に感動すら覚える。

自分がおじいちゃんになった時に若い頃は大谷翔平という凄い選手が居てな、ということを話すことになるかもしれない。

1 Like!
大谷翔平 二刀流
  • メディア単行本
  • 作者日本ハムファイターズ
  • 出版・メーカー扶桑社
  • 発売日2015-03-26

7位 高梨裕稔(10勝)

プロ入り3年目にして2ケタ勝利を達成した成長株

  • 2016年シーズン途中から先発に転向し10勝をあげている
  • プロ入り3年目だが新人王の資格を持ち、新人王の有力候補と言われる
高梨裕稔

3年目ながらこれまで一軍登板経験がなかったために新人王の資格を持っている。今年は10勝2敗と日ハムの中でも最も多くの貯金を作った功労者
順当に行けば新人王の確率が高い成績なのだが、1年目の楽天・茂木英五郎も野手で高い成績を残しており、新人フィルターがかかると新人王争いは微妙な勝負になると思う。
しかもこの成績は、シーズン途中での先発転向なのだから、本当に驚異的だと思う。

2 Like!

7位 増井浩俊(10勝)

2016年に先発転向をした、元・日ハム不動のクローザー

  • 最速155キロのストレートと落差の大きなフォークが武器のクローザー
  • 2012年にはセーブ王を獲得
  • 2016年はルーキーイヤー以来の先発も務めた
増井浩俊

2012年にはセーブ王を獲得しており、中継ぎ転向以降安定したクローザー・リリーバーとして活躍してきましたが、2016年は不調に陥り、クローザーの座をマーティンに譲っています。

そのマーティンが凄い活躍をしたことでポジションを終われ、後半戦からはルーキーイヤー以来となる先発転向をしました。心機一転したのか先発ではこれまでの不調が嘘のような結果を残し、シーズン途中からの転向ながら9勝を収めており、来季以降も先発として定着しそうです。

4 Like!

今シーズンは本職の抑えがダメダメで、急遽転向した先発で復活を遂げた慌ただしい一年でした。9回無失点に抑えられるのに、なんで抑えだと一回をちゃんと抑えられないのか…。まあチームの働きを9回に一人で背負うことになるからプレッシャーが強いのはわかるが。
抑えのマーティンが盤石だし、シーズン途中の転向ながら10勝をあげているので来シーズンもおそらく先発で行くのでしょう

3 Like!

7位 則本昂大(10勝)

2リーグ制初となる新人以来4年連続で開幕投手を務めた楽天の絶対的エース

  • 毎年のように奪三振王を獲得する切れ味鋭い球が武器
  • 日米野球では157キロを記録したスピードボール
  • 新人から4年連続で開幕投手を努めている
則本昂大

憧れの選手に炎のストッパーこと津田恒実を挙げており、自身もここぞという場面で三振を奪った時などは雄叫びをあげる姿が印象的だ。
楽天ではプロ入り以来4年連続で開幕投手を務めており、これは2リーグ制になってから初の快挙。初年度は田中将大が在籍していたが、田中がWBCの疲労があったことを考慮して抜擢されている。

奪三振能力が非常に高く、2014年から2年連続で奪三振王に輝いており。2016年もその座をほぼ手中に収めている。チームからの信頼も絶大で、名実ともに楽天のエースと言える。

3 Like!

完投するスタミナがあるだけにいくも酷使が目立つので早く壊れてしまうのではないかとも言われているが、今シーズンもリーグトップの投球回数を投げきっている。
奪三振が取れる投手で見栄えのする選手だが、もう少し安定すれば主要タイトルにも手が届くのだが。

1 Like!

7位 涌井秀章(10勝)

ロッテで輝きを取り戻したエースピッチャー

  • 2015年には最多勝を獲得したロッテのエース
  • 西武時代の2009年には沢村賞を獲得している
  • 押切もえとは結婚前提の交際をしている
涌井秀章

西武の晩年は渡辺久信も頭を抱えていましたが、ロッテに入ってからコントロールが良くなって復活してきてますね。2015年は久し振りに最多勝を獲得していますし、今やロッテのエースです。

1 Like!

今年は押切もえとの結婚前提のお付き合いをしているというニュースが印象的だった。もともとアナウンサーの杉崎美香と交際をしていたりと、涌井は派手な女性が好きなようだ。
あまりいい未来は想像できないけれど、ある意味お似合いの二人なので、シーズンオフの結婚報告待っています。

しかしかつてはダルビッシュのライバルとも言われていたが、かたや全米屈指のピッチャーで、かたやスキャンダルしか話題にならないとは、どうして差がついたのか。(慢心、環境の違い)

0 Like!
涌井秀章―埼玉西武ライオンズ (スポーツアルバム No. 22)
  • メディアムック
  • 出版・メーカーベースボール・マガジン社
  • 発売日2010-08-27

7位 西勇輝(10勝)

安定した制球力が武器の「西のユウちゃん」

  • 金子に次ぐエース候補として3度の二桁勝利をあげている
  • ドラベースのファンで、読み切りで作中に登場した
  • 侍ジャパンにも選出されプレミア12でも先発登板している
西勇輝

小久保裕紀の引退試合でノーヒットノーランを達成して、ソフトバンクファンを凍らせたことで有名になった好投手。高卒新人ながら2軍で結果を出し、1年目から毎年一軍登板経験がある。
安定して2ケタ勝利を計算できる能力が評価され、侍ジャパンにも選ばれているが、今年は大量失点を許す試合が多く安定感の欠いた年になり、最終的に10勝12敗でシーズンを終えている

2 Like!

コントロールが売りだがデッドボールが多く2度のリーグワーストを記録しているが徐々に改善傾向にある。今年は内容的には悪い内容が多かったが、最終的に2桁勝利に滑り込んだ。

0 Like!

13位 岸孝之(9勝)

プロ入り10年で103勝をあげた西武の絶対的エース

  • 縦に大きく割れるカーブが武器
  • ノビのあるストレートはイチローも高く評価している
  • 入団以来ほとんどの年で2ケタ勝利を達成
岸孝之

今年は4月下旬に右足の内転筋を痛めて途中離脱した影響もあって2ケタ勝利には届かない9勝に終わっていますが、防御率2.49は規定投球回数に達していればリーグ2位に入る好成績です
スピードこそあまりないもののノビのあるストレートは健在で危なげないピッチングはまだ健在です。

2 Like!

通算100勝を達成したが、実働10年以内での受賞はさすが。菊池雄星がまだまだ危なっかしいところがあるので、まだ3,4年はエースとして頑張って欲しい。

0 Like!

13位 東浜巨(9勝)

アマチュア屈指の実績を持つ才能を2016年開花させた

  • 2012年に3球団競合の末にドラフト1位でソフトバンクに入団
  • 巧みな投球術と縦に落ちるツーシームが武器
  • 球界に旋風を起こした山崎康晃のツーシームを教えた生みの親
東浜巨

沖縄尚学高校では選抜優勝投手、亜細亜大学では最高殊勲選手2回、ベストナイン投手部門4回受賞するなどアマチュアでは屈指の実績を誇る投手です。プロでは即戦力として期待されたものの、3年で通算6勝と精彩を欠いていました。
2016年はようやく才能が花開き、防御率3.00、9勝6敗という素晴らしい成績をあげています。才能は誰もが認めるところなので、来年は2ケタ勝利を達成してほしいですね。

2 Like!
東浜巨―野球日誌が語る22年
  • メディア単行本
  • 作者保坂 淑子
  • 出版・メーカー小学館
  • 発売日2012-10

13位 ディクソン(9勝)

ナックルカーブを武器とするオリックス先発の柱

  • 縦に大きく割れるナックルカーブが武器
  • 日本では4年間で36勝をあげている
  • 2015年には開幕投手も務めた
ディクソン

ディクソンと言えば魔球とも言われる変化の大きなナックルカーブが武器で、ナックルカーブが来ると分かっていても打てないとまで言われるほどです。
過去三年の平均防御率は2点代と抜群の安定感を誇っていましたが、今年は打ち込まれることも多く防御率は4.22とワーストとなりました。それでも援護に恵まれることが多く、9勝をあげています

2 Like!

13位 美馬学(9勝)

169センチながら150キロを超す速球が武器

  • 2013年日本シリーズMVP
  • 小柄ながら最速153キロの速球を投げる
  • 妻はBON-BON BLANCOの元ボーカルで歌手のサントス・アンナ
美馬学

日本シリーズでMVPを獲得し、田中将大の抜けた穴を埋めるエース候補として期待されていましたが、その年以降はほとんど勝てておらず2年で5勝16敗という散々な成績でした。さらに昨年9月には右肘のクリーニング手術を受けるなど不安要素は大きかったのですが、今年は見事復活を遂げました。
9勝8敗とエースの則本に次ぐ勝利数で、数少ない貯金を作れる投手として一年を戦い切っています。

2 Like!

筋肉教の元祖である澤村拓一とは中央大学の先輩で、筋肉に目覚めた澤村の影響を受けて筋力トレーニングに励む筋肉オタクでもある。その甲斐があってか大学時代には球速を約20キロ近く伸ばし、最速153キロの投手になった。やはり筋肉は正義だ。

0 Like!

17位 バース(8勝)

メジャー経験豊富な最速159キロ右腕

  • メジャー通算129試合に登板した実績を持つ
  • メジャーでは最速159km、日本でも155kmを記録する豪速球投手
  • 日本では先発・リリーフどちらもこなした
アンソニー・バース

前半戦は打ち込まれることが多く、4月終了時点で1勝4敗と負けが先行していましたが、尻上がりに調子を上げて8勝8敗という成績でシーズンを終えています。
メジャーでは最速158キロを誇り、日本でも最速155キロと十分なスピードボーラーで、制球力もまずまずと実力の片鱗は見せています。2016年シーズンは1年契約でしたが残留が濃厚視されています。

3 Like!

17位 塩見貴洋(8勝)

制球力が売りの楽天のサウスポー

  • 2010年ドラフト1位で楽天に入団
  • ルーキーイヤーから9勝をあげる活躍
塩見貴洋

昨年は援護率の低さに泣かされて、わずか3勝に終わったが、今年は援護率も上がり8勝をあげている。防御率3.97はチーム防御率を上回っており、先発としては十分及第点だろう。
怪我のあった2013年を除けばルーキーイヤーから一貫して先発ローテーションを守っており、大体勝ち負けがイーブンくらいに収まってくれる期待感がある。

1 Like!

ルーキーイヤーから安定していると言えば聞こえは良いが、そこをピークに徐々に下降傾向にあるのが気になる。悪い成績ではないが、もともとの期待値からすれば貯金を作って欲しいところ。

0 Like!

この記事に関するキーワード

新しいアイテムを提案

この記事に追加してほしいアイテムがあればフォームに入力して送信してください。内容を運営がチェックした後に、掲載を許可したアイテムがこの記事に追加されます

カテゴリ一覧