2016年11月05日更新

セ・リーグの2016年シーズン打率ランキングを紹介

この記事は2016年のプロ野球セントラル・リーグにおける打率ランキングを、各選手ごとにおすすめの紹介文とともに紹介しています。

打席数に対する安打の確率を表す打率はバッターの良し悪しを評価する重要な指標で、最も高い打率を残した選手は首位打者として表彰されます。
この記事を通じてどんなバッターが優秀といわれているのかを知っていただき、プロ野球をより楽しむきっかけになれれば幸いです。

プロ野球の記事は以下のようなものもありますので、是非読んでみてください。

1位 坂本勇人(.344)

天才的な内角打ちが武器の巨人キャプテン

  • フォーム改造で打撃開眼
  • 2016年シーズンに初の主要タイトルとなる首位打者を獲得
  • 打撃だけでなく守備・走塁の評価も高い
坂本勇人

高卒3年目に3割を突破して、4年目に本塁打31本を打ったときにはどんな大打者になるのかと思ったが、そこから3割を突破したのは一度だけ。
他は軒並み下降傾向で、1流半の選手で終わるのかと思いきや、ここにきて打撃フォームの改造に成功して、首位打者を獲得した。本塁打も23本と長打力もあげており、JAPANのショートを張るに相応しい成績となった。
これまで給料もらいすぎだ、なんて言ってごめんなさい。

2 Like!
だから僕は、笑顔になれる
  • メディア大型本
  • 作者主婦と生活社
  • 出版・メーカー主婦と生活社
  • 発売日2013-02-22

2位 鈴木誠也(.335)

2016年最注目の「神ってる」男

  • 2016年シーズン最も飛躍した選手
  • ホームランを打った試合は必ず勝つという「不敗神話」を築いた
  • 打率.335、本塁打29、打点95という驚異的な成績を残した
鈴木誠也

ブレイクしたなんてよく言われるけど、鈴木誠也のブレイクは尋常じゃない。去年まで半スタメンくらいだったのが、打率.335、本塁打29、打点95の主要部門はいずれもリーグ上位で、盗塁も16とリーグ7位となっている

もちろんこういうブレイクした選手が翌年研究されてダメになるケース(2年目のジンクス)はよくあるので、来年活躍できるかのほうが重要ですけどね。いずれにせよ広島躍進を一番象徴する人物なのは間違いないです。

1 Like!

3位 筒香嘉智(.322)

2016年に2冠王に輝いた日本が誇る大型スラッガー

  • 松井秀喜以来と言われる大型スラッガー
  • DeNAを引っ張る若きキャプテン
  • 侍JAPANの4番候補
筒香嘉智

去年に元DeNAの高森勇気が筒香は三冠王を取ると予言しながら見事に外してしまいましたが、今年は本塁打と打点の2冠王、しかも打率もリーグ3位と言うとんでもない成績を残しています。

大型選手にも関わらず、内角の球も起用に体を捻ってスタンドまで運ぶ技術があり、パワーではなくテクニックも非常に高いです。松井秀喜以来どころか、本当に松井を超えてしまうような存在になる気配すらある。今の野球にはスター選手がいないなんて言われるけど筒香見て同じこと言えんのか、と言いたい。

3 Like!
筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ) 2017年 カレンダー 壁掛け B2
  • メディアオフィス用品
  • 出版・メーカーハゴロモ
  • 発売日2016-09-14

4位 菊池涼介(.315)

異次元の守備でチームを救う「忍者」

  • 常人離れした身体能力の持ち主
  • メジャーリーガーも息を巻く圧倒的な守備範囲を誇る
  • リーグ上位の打率で、打撃も得意としている
菊池涼介

少し前まで小兵の割にパンチ力あるよね、という評判だったのが、今やリーグトップレベルの打率を誇っているんだから凄い。やっぱり身体能力高いっていうのは何でもできて便利ですね。
ついでに今年は補殺数の歴代記録を1位~3位まで菊池が占める記録を達成しました。守備に関しては本当に歴代最強クラスです。

1 Like!
二塁手革命 (光文社新書)
  • メディア新書
  • 作者菊池 涼介
  • 出版・メーカー光文社
  • 発売日2015-04-16

5位 福留孝介(.311)

NPB復帰後、再ブレイクを果たした強打者

  • 5年に及ぶメジャー挑戦の後、日本復帰
  • 復帰後には不振に陥るも、復活し阪神の主砲に返り咲いた
  • 2016年シーズンにサイクルヒット、2000本安打を達成
福留孝介

ドメさんは本当にカッコいい。顔はオッサンなんだけどユニフォーム着てバットを構えた時はめちゃくちゃカッコいい。野球選手かくあるべしという感じ。
少し前まで2000本安打は難しいかとすら思われていたが、完全に復活して、主砲として2000本安打を達成しています。もしかしたら2500本までいってしまうかも、という期待感すらあります。

1 Like!

6位 山田哲人(.304)

史上初の2年連続トリプルスリー達成

  • 走攻守全てが超一流の球界の顔
  • 細身ながら本塁打を量産する不思議なパワーを持つ
  • 2年連続盗塁王を獲得しており、走塁もトップレベル
山田哲人

シーズン終盤に大不振に陥り、よほやトリプルスリー危うしかと見られたが、最後に踏みとどまって無事に2年連続トリプルスリーを決めています
3割30本30盗塁のトリプルスリーは史上10人しか達成しておらず、2度達成した者すらいないにも関わらず2年連続達成というのは球史に残るレベルの偉業と言ってもいいかもしれません。

野球は一度頭角をあらわすと徹底的に研究されて成績を落とす事が多いのですが、山田は2年前にブレイクしてからも毎年驚くような成績を上げているところが凄いんです。

3 Like!
山田哲人(東京ヤクルトスワローズ) 2017年 カレンダー 壁掛け B2
  • メディアオフィス用品
  • 出版・メーカーハゴロモ
  • 発売日2016-09-14

7位 村田修一(.3024)

復活を遂げたかつての本塁打王

  • 岡本とのレギュラー争いに勝利したベテラン内野手
  • 2度の本塁打王を獲得した長打力
村田修一

ギリギリ3割の打率で、ヤクルトの川端とはわずか1毛差の.3024でリーグ7位の打率を残している。村田は巨人に来てからパッとしない年が多いですが、唯一契約の最終年にだけは活躍する法則があり、今年も最終年にしっかり活躍しています。
2016年は岡本の年になる、なんて言われていましたが終わってみれば村田の牙城は高かったですね。

1 Like!
がんばれ!!小さき生命たちよ―村田修一選手と閏哉くんとの41ヵ月
  • メディア単行本
  • 作者村田修一
  • 出版・メーカーTBSサービス
  • 発売日2010-09

8位 川端慎吾(.3023)

兄妹揃って球界を代表するアベレージヒッター

  • すぽるとの「1/100」においてバットコントロール部門No.1に選ばれた打撃が武器
  • 2015年シーズンに首位打者を獲得
  • 妹は女子プロ野球で4割を達成した球界ナンバーワンの巧打者
川端慎吾

今シーズンは3割厳しいかな、と思っていたが最後に3割に乗せてシーズンを終了しました。これで4年連続3割キープと、バッティングに関しては抜群の安定感を誇っています。
柳田などがそうですが、強打者は巧打でなくてもパワーで本来アウトになる当たりを長打にすることで打率が上がることがありますが、川端は本当に巧さが光るバッターなのでお気に入りです。

2 Like!

9位 新井貴浩(.300)

2016年に初のリーグ優勝を経験した広島の功労者

  • 阪神を戦力外も古巣広島で復活を遂げた
  • 25年ぶりのリーグ優勝に導いた主砲
  • 2016年に通算2000本安打を達成
新井貴浩

2014年にゴメスが加入して活躍したことで、一塁での出場機会がなくなり、昨年から広島に復帰しています。
昨年も要所要所で活躍していましたが、今年は最後まで打点王を争うなど主力として活躍し続けました。リーグ優勝を決めてからも休養は取らない方針にしたそうですが、後半戦に調子を落としているのでクライマックスが少し心配です。

6 Like!
赤い心
  • メディア単行本
  • 作者新井 貴浩
  • 出版・メーカーKADOKAWA
  • 発売日2016-03-16

10位 坂口智隆(.295)

ヤクルトで再び華を咲かせた強肩巧打の外野手

  • オリックスで長年活躍したが、怪我で低迷、構想外で退団
  • 新天地のヤクルトで見事返り咲き、1番打者として定着した
坂口智隆

とっくに終わった選手と見られていたが、環境を変えてヤクルトに移籍したことで見事復活。141試合に出場し、.295とかつての輝きを取り戻した
卓越した技術を持つプロとは言え、環境が成績に及ぼす影響は大きいんだなと思わされます。ヤクルトは投手はダメダメですが、バッティングは若手の育成含めて上手いので杉浦コーチが有能なんでしょうね。

2 Like!

11位 倉本寿彦(.294)

堅守が持ち味のDeNA所属のショート

  • 打撃が課題だったが2016年シーズンは.294をマーク
  • 安定した捕球と送球は既にリーグトップレベルとの評価も
倉本寿彦

守備はいいけど、全く打てない選手というイメージが強かったのに終わってみれば打率.294という素晴らしい成績を残している。去年後半から打撃フォーム改造した成果があったのか。
桑原といい、DeNAは予想外にジャンプアップした選手が多く、開幕前は厳しい予想が続いたものの、DeNA初のクライマックスシリーズ進出につながったのは倉本らの活躍によるものだろう。

3 Like!

12位 大島洋平(.292)

俊足、巧打、堅守と三拍子揃った中日の外野手

  • 俊足巧打が売りの中日の主力バッター
  • 2016年シーズンにはサイクルヒットを達成した
  • 2012年には盗塁王を獲得するなど走塁の評価も高い
大島洋平

安定して3割近く打てて、盗塁王を獲得したこともある走力に、ゴールデングラブ賞を4度受賞した守備と、全く隙のない素晴らしい選手なのだが、物凄い地味なのが玉にキズ。こんなにいい選手なのに年俸1億も到達していないなんて中日さんちょっとケチすぎません?
FA権を持っていて、既に年俸に対して不満を公言しているので、今オフは目玉選手になりそうな予感。

2 Like!
一歩、前に。前に出る勇気のつくり方
  • メディア単行本(ソフトカバー)
  • 作者大島洋平
  • 出版・メーカーパブラボ
  • 発売日2015-03-27

13位 丸佳浩(.291)

走攻守で躍動する広島の新しい顔

  • 広島最注目のキクマルコンビ
  • 昨年の打撃不振から一転、16シーズンはキャリアハイを達成
  • 顔が大きいことが度々ネタにされる
丸佳浩

3割に乗せていた時期も長かったが、最終的に.291でシーズン終了となった。バッティングフォームを毎年改造したりと、現状に満足せず改善していった結果、どんどん打撃が良くなっているイメージがある。
野球をあまり知らない人からしたら地味でよく分からない選手、というイメージを持たれがちだが、広島では絶大な人気を誇っている。

1 Like!
広島アスリートマガジン2016年7月号“特集 丸佳浩。"
  • メディア雑誌
  • 作者サンフィールド
  • 出版・メーカーサンフィールド
  • 発売日2016-06-25

14位 桑原将志(.284)

急成長中のDeNA所属の外野手

  • 2016シーズンに打撃成績が一気に向上した
  • 高いレベルの走塁、守備力を持つ
  • 走力は評価されているも盗塁成功率が上がらないのが課題
桑原将志

桑原の成長は良い意味でDeNA打撃陣の中で一番の誤算だったかもしれない。これまで通算2本塁打だったにも関わらず2016年だけで11本塁打を打っており、打率も.284まで乗せている。
もともと走塁と守備の選手と思われていただけに一気に三拍子揃った選手になってしまった。ただ一発屋の匂いにもするので来年活躍できるかで進化が問われる気がする。

2 Like!

15位 長野久義(.283)

長きに渡って巨人の外野を支える不動のレギュラー

  • 毎年安定した成績を残す不動の外野手レギュラー
  • 走攻守全てが高いレベルと評価されている
  • 2011年首位打者、2012年最多安打獲得
長野久義

うーん、この安定感たるや凄い。打率、本塁打、打点どの指標を取ってもそこそこの成績を毎年必ず残してくれる。一時期は首位打者を取ったが、最近は目が冴えるような活躍もなければ頭を抱えるような酷いミスもない。
このまま生涯ジャイアンツとして、衰えが見え始めたら若手と世代交代する姿が見える、見えるぞ。あと5年くらいは行けると思うけど。

2 Like!
長野久義メッセージBOOK 信じる力
  • メディア単行本
  • 作者長野 久義
  • 出版・メーカー廣済堂出版
  • 発売日2012-04-18

16位 高山俊(.275)

六大学野球通算最多安打を記録したスーパールーキー

  • 2015年ドラフト1位で阪神に入団
  • パワプロでは新人史上最高の能力になるなど期待が大きかった
  • チャンスに強くリーグ屈指の得点圏打率を残した
高山俊

打率.275、本塁打8、打点65と新人にしては素晴らしい成績。加えて得点圏打率も.377と非常に高い。ただ欲を言えば期待値からすればもう少し上を行ってほしかった気もする。
走攻守三拍子揃っていると言われていたが、案外守備が安定せずクッションボールの処理などで手を焼いていたのが想定外だった。まあ経験詰めば守備は上手くなるので今後に期待したい。

2 Like!

17位 ビシエド(.274)

メジャー帰りのキューバ出身選手

  • メジャーでシーズン25本塁打を記録した長打力が武器
  • 不安視された守備も一定の評価を受けている
ダヤン・ビシエド

長打力一辺倒の選手で守備や打率は壊滅的になるかと思われたが、守備も一定の働きをしており、打率も.274となかなかの数字を残している。ホームランはもっと打ってもよかったかもしれないが、適応が難しい野手の1年目にしては十分すぎる成績だろう。
当然だが残留が濃厚と言われている。

2 Like!

18位 梶谷隆幸(.273)

長打力のある打撃と高い走塁技術を併せ持つDeNAの外野手

  • 球界最高レベルとも称される身体能力
  • 2014年シーズン盗塁王を獲得
  • パンチ力のある打撃も武器
梶谷隆幸

怪我で開幕に出遅れたが、ギリギリ規定打席に到達して打率ランキング18位に入った。長打力が武器で107試合出場で18本打っているが、それなりに安定して率も残せる。
2014年に盗塁王を獲得した足も健在で、26盗塁をあげており、仮にフル出場していればかなり余裕を持って盗塁王になれていたペースだ。

1 Like!

19位 バレンティン(.269)

シーズン歴代最多60本塁打の記録を持つ大砲

  • シーズン最多本塁打記録を持つ球界を代表するスラッガー
  • ほぼ毎年30本塁打以上を打つ安定感もある
  • 一方で、気まぐれな性格にチームも手を焼く
ウラディミール・バレンティン

大振りで簡単に三振するイメージが強いが、実はNPB通算打率は.279とそれなりに高いバレンティン。
性格に難はあるが日本の野球に適用しようと、対戦相手の投手の傾向を細かく分析するなど研究熱心なところもあり、対応できているのではないか。
ただ性格的な問題で放出の危機にあり、去就も注目されている。

1 Like!

20位 田中広輔(.265)

広島の新しいリードオフマン

  • 2016シーズンに飛躍を遂げた1番打者
  • 同年に28盗塁をあげてリーグ2位の盗塁数を記録した
田中広輔

規定打席に到達しているのは27人で、その中の20位というと1番打者にしては物足りなく感じるかもしれないが、出塁率は.367とそれなりに高い。まず塁に出ることが要求される1番打者としては一定の働きをしたのではないか。
2年前には3割近く打っているので、3割超えをするポテンシャルはあるはず。

2 Like!
アグレッシブ
  • メディア単行本
  • 作者田中 広輔
  • 出版・メーカーベースボール・マガジン社
  • 発売日2016-09

この記事に関するキーワード

新しいアイテムを提案

この記事に追加してほしいアイテムがあればフォームに入力して送信してください。内容を運営がチェックした後に、掲載を許可したアイテムがこの記事に追加されます

カテゴリ一覧