2016年10月09日

最新作カードゲーム「シャドウバース」の感想

最近シャドウバースというゲームをプレイしていて、実に面白いので是非皆さんにやってほしいという思いを込めて書かせていただきます。

 シャドウバースとは

シャドウバースとはCygamesさんが提供しているカードゲームのことです。現在は大会が開かれたり、ニコニコ動画などでもたくさんの配信者がやられています。

シャドウバースの魅力

カードとデッキの多さ

シャドウバースには七人のキャラクターが登場します。
そのキャラクターたちはそれぞれのデッキを使い戦います
我々ユーザーは彼らの中の誰かを選びそのものたちの特性にあったデッキを作ります

カードの種類とニュートラル

カードには限定されたキャラクターにしか使えないものが多いですがニュートラルというカードはどのキャラクターでも使えるカードで中にはとてつもなく強大な力を持つ物も有り、たくさんの戦略があります。
カードの種類としては エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン ネクロマンサー ビショップ ヴァンパイア があり
それぞれに個性があります。

シンプルな勝負

シャドウバースの大きな魅力の一つが小さな能力の中にたくさんの効果がありますが主に召喚、進化、効果、攻撃という四つの行動だけでいいシンプルさです
ですがもちろんそのシンプルさの中にたくさんの戦術が有り
オンライン対戦では、色々な戦略パターンのプレイヤーと戦うことができます。

初心者に優しい構築済みデッキ

シャドウバースはそれぞれのキャラクターにあったカードとデッキが組める程度のニュートラルカードが最初から貰えます。
さらにパックという所謂ガチャのような機能もあり
24時間ごとに更新されるミッションというものでガチャに必要なものが手に入るので、無課金者にも勝てるデッキがつくれます

コマーシャルなどによる宣伝力の強さ

現在シャドウバースのcmにはアイドルの方やゴールデンボンバーさんなど
たくさんの有名人が出演されており、それによって興味を持った方もたくさんおられるとおもうので 今後ユーザー数がまだまだ伸びていくと思います

オンラインバトル

カードバトルの魅力というのは戦術やデッキ構築もそうですが
やっぱりオンラインバトルですよね。
シャドウバースには、4種類のゲームモードが備えられておりどれも充実して楽しめるものとなっております

  • 一つ目に ランクマッチ これは自分のランクを決める重要な試合で
    スポーツなどでいう大会みたいなものです。
  • 二つ目に フリーマッチ これはランクに関係なく様々な人と気軽に楽しめる
    スポーツなどでいう練習試合みたいなものです。
  • 三つ目に ルームマッチ これは学校の友人 職場仲間 などという近くにいるものと対戦するための機能で、ルームIDというもので決められた場に入ることができます。
  • 四つ目に 2pick これはチケットや無課金でも手に入るモノを使用し二枚ずつ現れるカードを選びその場でデッキを構築し、オンラインでの勝負をして勝利数につき報酬が大きくなるというゲームモードです

この四つのゲームモードでミッションなどをこなしていきます

ストーリーモード

オンラインで疲れた時は一人気ままにcpuと対戦ができます
ストーリーを進めるにつれ戦う敵は強くなっていきます。

美麗なカード

これはどのカードゲームにも共通してすごいのですがシャドウバースは特にすごいと思っています

デメリット

  • スマートフォン版ではたまに対戦中に落ちる
  • cpuが強すぎる

などがあります。ぜひやってみてください

おすすめのスマホゲームをランキングで紹介【人気の無料アプリ】
おすすめのスマホゲームをランキングで紹介【人気の無料アプリ】
運営チームとユーザーの投票によって「おすすめ」された、人気のスマホゲームアプリをランキング形式で紹介します。アプリゲームの名作・良作を探している方は、ぜひ参考にしていってください。 どのアプリも、「iOS・Android対応」で、iPhoneの「AppStore」か、Androidの「Google Play」から無料でインストールすることができます。 アクション、ストラテジー、ロールプレイング、パズル、スポーツ、RTS、MMORPG、音ゲー、放置ゲー、カードゲーム、タワーディフェンス、格闘ゲーム、脱出ゲーム、AR、VR……などなど、あらゆるジャンルの新作から旧作までをランキングにして、第1位から順に発表していきます。 それぞれのタイトルページには、ユーザーも投稿可能な各ゲームの評価・レビュー・感想などがコメントの形で表示されています。 ランキング上位は特に、「厳選された神ゲー」ぞろいの自信アリです! 今から遊びたい面白いゲームを探している方の参考になれば幸いです。

この記事に関するキーワード

カテゴリ一覧