• リリースからわずか4ヶ月ほどで3500万ダウンロードを達成し、ますます勢いづいているアプリゲーム『遊戯王デュエルリンクス』の紹介です。 率直に言って、めちゃくちゃ面白いです! トレーディングカードカードゲームがアプリに最適化されているより、TCGとアプリが組み合わさって、相乗効果で面白くなっている感覚です。
  • 中国や北米で大ヒットしたRPG『陰陽師』の紹介です。 このゲームは、舞台を日本にしてはいるものの、中国のゲーム会社である「NetEase Games 」が開発しています。 「Apple Store」や「Google Play」の情報を見みれば、杉山紀彰さんや水樹奈々さんのような豪華声優が惜しげもなく起用されていて、とても海外のゲームとは思えないでしょう。 純粋にゲームとしてのレベルも高く、面白い作品を求めるゲーマーや、ゲーム業界が気になる人にとって、やらざるを得ないタイトルの一つと言えると思います。 陰陽師は、豪華日本人声優を使っていますが、これはローカライズしたわけではなく、中国語版の時点で日本人の声優を起用しているのです。なぜこのようなことになったのでしょうか? 本記事では、『陰陽師』とは一体どういったゲームなのかを紹介していきます。
  • おすすめの「放置系ゲーム(クリッカーゲーム)」をランキング形式で紹介していきます。 「放置系ゲーム」あるいは「放置ゲーム」とは、何もしなくても勝手に資源が貯まっていく、一定時間ゲームをやらずに放置することを前提としたゲームです。「クリッカーゲーム」と呼ばれることもあります。 その特徴からか、スマホでできるアプリゲームや、携帯電話のソーシャルゲームなどによく見られるジャンルです。 この記事では、「放置系ゲーム」というジャンルのおすすめゲームを、ランキングにして第1位から順番に紹介しています。iPhoneかAndroidのスマホアプリゲームの場合、アイコンのリンクからダウンロードできるページに行くことができます。 手軽に遊べて面白い放置ゲームを探している方は、ぜひ参考にしていってください。
ここ数年前より漫画の実写化が目立つようになってきました。それに対しての視聴者の評価は様々。 実写の形もドラマ、映画、舞台等、国も日本だけにとどまらずハリウッドで実写化される等様々ですが、どうしてそんなに漫画の実写作品が増加してきたのでしょうか?実写化することによって評価が大きく分かれるのに実写化する理由は? 今回は視聴者の意見や独自の見解も含めて考察してみたいと思います。
2016年10月28日

カテゴリ一覧