• 運営チームとユーザーの投票によって「おすすめ」された、人気のソーシャルゲームをランキング形式で紹介します。 近年のソシャゲは、そのほとんどがスマホアプリで遊ぶことができ、そのために「スマホゲーム」や「アプリゲーム」と呼ばれることも多いです。 本サイトでは、以前から何度かスマホゲームをランキングで紹介してきました。 [http://osusumerank.com/1:embed] この記事では、数あるゲームアプリの中でもよりソーシャル要素の強い、名作ソーシャルゲームを厳選して紹介していきます。 面白いソシャゲを探している方、軽く起動して手軽に遊べるゲームを求めている方、ゲームで新しい人との出会いを経験したい方は、ぜひとも参考にしていってください。
  • リリースからわずか4ヶ月ほどで3500万ダウンロードを達成し、ますます勢いづいているアプリゲーム『遊戯王デュエルリンクス』の紹介です。 率直に言って、めちゃくちゃ面白いです! トレーディングカードカードゲームがアプリに最適化されているより、TCGとアプリが組み合わさって、相乗効果で面白くなっている感覚です。
  • 中国や北米で大ヒットしたRPG『陰陽師』の紹介です。 このゲームは、舞台を日本にしてはいるものの、中国のゲーム会社である「NetEase Games 」が開発しています。 「Apple Store」や「Google Play」の情報を見みれば、杉山紀彰さんや水樹奈々さんのような豪華声優が惜しげもなく起用されていて、とても海外のゲームとは思えないでしょう。 純粋にゲームとしてのレベルも高く、面白い作品を求めるゲーマーや、ゲーム業界が気になる人にとって、やらざるを得ないタイトルの一つと言えると思います。 陰陽師は、豪華日本人声優を使っていますが、これはローカライズしたわけではなく、中国語版の時点で日本人の声優を起用しているのです。なぜこのようなことになったのでしょうか? 本記事では、『陰陽師』とは一体どういったゲームなのかを紹介していきます。
RIZIN(正式にはRIZIN FIGHTING FEDERATION)とは、かつてPRIDEを主催していた運営団体の代表が設立した格闘技団体で、2015年の大晦日に旗揚げされました。かつてPRIDEを運営していた団体の代表が設立し、PRIDEのスタッフの多くが運営に携わっていたり、桜庭和志やエメリヤーエンコ・ヒョードルをはじめとしたPRIDEを主戦場としていた選手が多く参戦していたりするなど、PRIDE色の強い格闘技イベントになっているのが特徴です。PRIDEと同様にフジテレビによるテレビ中継を中心としたメディア戦略を行なっており、2015年の12月29日と31日の二日間にかけてゴールデンタイムでテレビ中継をしたことで、話題になりました。格闘技団体は世界中に様々乱立していますが、RIZINはそれらの団体と競合せず協力して行なっていくスタンスを取っており、総合格闘技の試合を主に提供している一方で、日本に馴染みの深いK-1やシュートボクシングといった異なるルールの試合も同時に提供しています。これまでにない新しい試みのRIZINですが、この記事ではRIZINの新しい選手を知り、興味を持っていただくための入り口として、おすすめの選手をランキング形式で紹介しています。この記事を通じてRIZINに少しでも関心を持っていただければ幸いです。また格闘技の記事としては、他にもK-1のおすすめ選手ランキングも掲載しておりますので、こちらも興味があれば読んでみてください。
2016年11月07日

カテゴリ一覧