• かつてお茶の間を賑わせたK-1は人知れず消滅し、いつしかテレビで格闘技が放映されることはなくなりました。そして2014年に新しい運営企業のもと、K-1は生まれ変わり、「新生K-1」として若者を中心に人気を拡大しています。
  • 先日紹介した「ガチすぎるキックボクシングイベント」ことKNOCK OUTの紹介記事ですが、たくさんのSNSシェアを頂けるなど大変な盛況でした。日本は格闘技ブームが去ったと言われていますが、やはりまだ格闘技への関心が失われていないと感じる出来事でもありました。 もしも立ち技格闘技のかつての人気を取り戻すとすれば、その可能性を秘めた一つの団体はKNOCK OUTに違いないでしょう。 [http://osusumerank.com/218:embed]
  •  格闘技ってどんなものかわからないし、何から見ていいのかわからないけれど、興味はある!という方はたくさんいると思います。男同士が真剣勝負の殴り合いをするわけですから、どうしたって興奮しますよね。 けれどボクシングのように12R見続けるのは億劫に感じたり、総合格闘技でも寝技の展開ばかりだと一般の人からするとなかなか良さが分かりづらかったりします。 そんな方には「RISE」というキックボクシングイベントがおすすめです。RISEは3Rまたは5Rの試合で、消極的な組み付きは一切禁止されていて、お互いにバチバチの殴り合いをすることを推奨しているので、KOが多く生まれ、無名選手同士の試合でも思わぬエキサイティングな試合が見られることで評判の団体です。
かつてお茶の間を賑わせたK-1は人知れず消滅し、いつしかテレビで格闘技が放映されることはなくなりました。そして2014年に新しい運営企業のもと、K-1は生まれ変わり、「新生K-1」として若者を中心に人気を拡大しています。
2016年11月09日
先日紹介した「ガチすぎるキックボクシングイベント」ことKNOCK OUTの紹介記事ですが、たくさんのSNSシェアを頂けるなど大変な盛況でした。日本は格闘技ブームが去ったと言われていますが、やはりまだ格闘技への関心が失われていないと感じる出来事でもありました。 もしも立ち技格闘技のかつての人気を取り戻すとすれば、その可能性を秘めた一つの団体はKNOCK OUTに違いないでしょう。 [http://osusumerank.com/218:embed]
2016年11月04日
 格闘技ってどんなものかわからないし、何から見ていいのかわからないけれど、興味はある!という方はたくさんいると思います。男同士が真剣勝負の殴り合いをするわけですから、どうしたって興奮しますよね。 けれどボクシングのように12R見続けるのは億劫に感じたり、総合格闘技でも寝技の展開ばかりだと一般の人からするとなかなか良さが分かりづらかったりします。 そんな方には「RISE」というキックボクシングイベントがおすすめです。RISEは3Rまたは5Rの試合で、消極的な組み付きは一切禁止されていて、お互いにバチバチの殴り合いをすることを推奨しているので、KOが多く生まれ、無名選手同士の試合でも思わぬエキサイティングな試合が見られることで評判の団体です。
2016年10月29日
カードゲームで有名なブシロードが提供する新しいキックボクシングイベントが12月5日に旗揚げされます。そのイベントは「KNOCK OUT」と言います。時代と逆行するかのような肘あり、首相撲有りのルールで本当に強いキックボクサーを決める、あまりにもガチな大会です。そんなKNOCK OUTの魅力を紹介しています。
2016年10月25日
K-1は1993年に日本で誕生し、世界最大級の格闘技イベントとして世界中で人気を博した立ち技格闘技イベントです。2011年に運営団体の資金難からK-1の興行は中止となり、その後紆余曲折を経て、現在は「新生K-1」として新たな運営団体がK-1の興行を行っています。これまでのようなテレビ向けのエンターテインメント色の強い興行形態ではなく、ジュニア世代の育成を含めて長いスパンでK-1をスポーツとして広めることを目的としています。全く新しい選手たちによる新生K-1は、YouTubeやSNSなどでティーネージャーを中心に人気を獲得しており、これまでリーチしてこなかった女性ファンの獲得にも成功しているなど、徐々にメジャー化への道を歩んでいます。この記事では、新しいK-1の選手を知り、興味を持っていただくための入り口として、おすすめの選手をランキング形式で紹介しています。この記事を通じてK-1に少しでも関心を持っていただければ幸いです。また格闘技の記事としては、他にもRIZINのおすすめ選手ランキングも掲載しておりますので、こちらも興味があれば読んでみてください。
2016年11月09日

カテゴリ一覧