• おすすめの「RTS(リアルタイムストラテジー)ゲーム」をランキング形式で紹介していきます。 RTSと同様の意味で使われることの多い、「戦略ゲーム(戦略シミュレーションゲーム)」や「タワーディフェンスゲーム」の名作、人気作も、同一のランキングに組み込んでいます。 主にiPhoneまたはAndroidで遊べる、スマートフォンのアプリゲームが中心ですが、PCブラウザや家庭用ゲーム機や遊べるタイトルも、同一のランキング上で扱っています。 RTSとは一体どのようなゲームか気になる方、遊びたいRTSを探している方にとって、本記事が何かの参考になりましたら幸いです。
  • 動画配信サービスHulu(フールー)で視聴することのできる、おすすめの映画やドラマやアニメやバラエティ番組を、ランキング形式で紹介していきます。 Hulu(フールー)がどういうサービスかは知りたい方は、まずこちらをご覧ください。 [http://osusumerank.com/339:embed] 本記事は、Huluに登録したけれど何を見ようか迷っている方、登録するか決める前にどのような目玉コンテンツがあるか知りたい方へ向けて書かれています。 ぜひ参考にしていってください!
  • 日テレが運営するHulu(フールー)というサービスを利用して、1年半くらいになります。 個人的な感想を言えば、生活を大きく変えたサービスです。ドラマや映画が身近なものになり、色んな知識が増えました。 Huluの登録は、メリットもあればデメリットもあります。 ここでは、一体Hulu(フールー)がどんなサービスか、契約すると何を見れるようになるのか、なぜ「見放題」なのか、どういう仕組みで運営されているのか、など、多くの方が疑問に思いそうなことを解説していきます。 基本的にHuluはおすすめのサービスですが、必ずしもメリットばかりとは限りません。どういうデメリットがあるかも、丁寧に書いていくつもりです。 Huluに興味がある方、登録しようかどうか迷っている方にとって、本記事が有用な情報になりましたら幸いです。
彼らは、JYPエンターテイメントという事務所に所属しているアイドルグループです。メンバーは6人で、韓国人5人、タイ人1人という多国籍なメンバーで構成されています。 そんな彼らには、ただ外見がかっこいいそんな良さだけではないものがあります。それは一体どんなものなのでしょうか?ご紹介していきたいと思います。
2016年10月31日
連載当初から人気沸騰で、早くもアニメ化を果たし、好評につき2期の放送も決定したヒロアカこと「僕のヒーローアカデミア」。週刊少年ジャンプにおいて新しい看板漫画とも呼ばれ、ONE PIECEやNARUTOのような人気漫画になっていくかもしれません。 今回はそんな僕のヒーローアカデミアの魅力について紹介していきます。(以降、略称であるヒロアカと表記します)
2016年10月31日
ビリー・ワイルダーほど、映画の話術の楽しさを教えてくれる監督はいません。小道具、回想形式、緩急自在の演出など、その使用ぶりの巧みさはどの作品を見ても舌を巻くほどで、三谷幸喜が私淑するのも当然だという気がします。 その軽妙なタッチから、いかにもアメリカンという印象を与えるワイルダー監督ですが、意外なことに生まれはヨーロッパです。ハリウッドの黄金期を築いた代表的監督のうち、アルフレッド・ヒッチコック、ウィリアム・ワイラー、ビリー・ワイルダーの三人が、それぞれイギリス、フランス、オーストリア出身というのは興味深く思えます。映画という視覚芸術では、エトランジェの視点ということが大事なのでしょうか。
2016年10月31日
山岸京子が描くクラシックバレエの心髄。本作は1部全10巻、2部全5巻の全15巻が発売されています。2007年には手塚治虫文化省マンガ大賞を受賞し、知名度を広げました。
2016年10月31日
「あひるの空」は現在も週刊マガジンにて連載されているバスケットを題材にした少年漫画です。高校生にして伸長が150㎝に届いていない、とてもバスケット向きではない体でも母から教わった3Pシュートを武器に個性豊かなチームメイトと共にインターハイを目指すといった漫画の世界では良く見られる設定(非現実的な)の漫画です。私も最初はバスケが好きなのでなんとなく読み始めました。 あれから10年以上経ちます。いいおじさんになった今でも新刊を楽しみにしています。おじさんになった今の方がよりハマっているかもしれません。その魅力を語りたいと思います。
2016年10月31日
週刊少年ジャンプといえば、友情努力勝利が謳い文句の日本を代表する漫画雑誌です。ただ2000年代中盤くらいからONE PIECEやNARUTOに変わるような看板漫画が登場せず、長らく新人作家が不作だと言われてきました。 そんな中で、ブラッククローバーは次世代の看板候補だとして最近人気急上昇中なんです。2015年の12号から連載開始しており、現在はまだ8巻までしかでていませんが、既にアニメ化も決まっており、また一段と人気が上がること間違いなしです。 ブラッククローバーのあらすじや、魅力、おすすめポイントなどを紹介していきたいと思います。
2016年10月30日
オーガニックコスメが大好きな私ですが、私がなぜオーガニックコスメを使うようになり、なぜこだわるようになったのか?オーガニックコスメの良さなどをお話ししていきたいと思います。
2016年10月30日
昔から、スナック菓子は体に悪いと親から聞かされていましたが、子供って悪いもの、ダメなものが大好きですよね。 友人の家の誕生日会で生まれて初めて「ポテトチップス」を食べた時に「こんな美味しいものが世の中にあったなんて!」と大きな衝撃を受けました。それまで我が家でのおやつといえば「蒸しパン」とか「寒露飴」といった渋いお菓子だけだったので、軽い食感のポテトチップスがものすごく美味しくて、今まで何で食べなかったんだろうと後悔してしまうほどでした。 私はカルビーのポテトチップスが大好きです。というわけで、カルビーポテトチップスの魅力を存分にお伝えします。
2016年10月30日
日本中に大きなインパクトを与えたアニメ映画で、後に舞台化もされた「もののけ姫」について思うことを語りたいと思います。
2016年10月30日
私は漫画が大好きなんです。基本的にどんなジャンルのものも好きなのですが、特に恋愛漫画が好きなので、最近読んだものでとってもキュンキュンして「いいな~、こんな恋愛してみたかったな~!」と思った漫画を、ネタバレになりますがご紹介したいと思います!
2016年10月30日
河原和音さんの描いた『先生!』をお勧めします。講談社から10年以上前に刊行されたコミックスで、このほど生田斗真さんと広瀬すずさんで映画化されることになりました。 内容は、主人公が通っている高校の先生に恋をして…というよくある設定なのですが、先生に思いが通じるまで、思いが通じてからの葛藤など自分の高校時代と比較して「こんなことあったな」とか、「こんな風だったらよかったな」と色々な思いを抱かせてくれる作品です。
2016年10月30日
日本を代表する漫画雑誌である週刊少年ジャンプには巻末にギャグ漫画が固定で掲載されています。最も長く連載されていた巻末漫画で有名なのは「ピューと吹く!ジャガー」で、2000年~2010年まで10年間に渡って掲載されていました。 私は90年代後半からジャンプを読み始めたので、当時は「ピューと吹く!ジャガー」が元祖かと思っていたのですが、本当の元祖は「王様はロバ〜はったり帝国の逆襲〜」という漫画で1994年~1996年にかけて掲載されていました。 そして今回紹介する「磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜 」も、そんな巻末ギャグ漫画の系譜を引くシュールなギャグ漫画です。
2016年10月30日
最高のアイドルゲーム「スクールガールストライカーズ」の魅力を語っていきたいと思います。
2016年10月30日
今回は、「クラッシュ・オブ・クラン (Clash of Clans)」というゲームについて書いていきたいと思います。「Supercell」が制作・運営し、世界147カ国でナンバー1の人気になった、超人気ストラテジーゲームです。
2016年10月30日
横光利一は文学の神様といわれるほどの作家です。 横光利一は最初の妻が病気にかかってしまい大変に苦労しました。妻との闘病を描いた作品としては、「春は馬車に乗って」や「花園の思想」などがあります。新感覚派の小説家として川端康成と並んで高い評価を受けています。 私は小説家ですが、横光利一の影響を強く受けました。今回は私が好きな横光利一の小説「赤い着物」の感想文を記事にします。
2016年10月30日
現在週刊少年ジャンプで好評連載中で、アニメも大人気のバレーボール漫画「ハイキュー!!」。この作品は少年時代に全力を注ぐ主人公・日向翔陽をはじめたとした部員たちの熱い青春ドラマです。 その一方で現実の私はあまり青春時代にあつい時間を過ごしてきておらず、ハイキューを見て、あの時ああしていればなあと思うこともあります。そんな思いを綴った文章です。
2016年10月29日
ローマの休日は1953年に制作されているので、すでに60年以上たっていますが今見ても面白さが色あせない名作です。白黒映画ですが映像の華やかさは失われることはなく、特に王女役のオードリーヘップバーンの魅力は現在でも十分に通用します。100年たっても名作として残る作品に間違いないです。
2016年10月29日
柴村仁著、メディアワークス文庫から刊行されている、「プシュケの涙」という小説をご紹介します。
2016年10月29日
「僕のヒーローアカデミア」や「ブラッククローバー」など週刊少年ジャンプには着実に新しい風が吹いていますが、その中でもちょっと異質なのがこの「ゆらぎ荘の幽奈さん」です。温泉✕幽霊ラブコメディと銘打たれたこの作品の魅力にるいて紹介していきます。
2016年10月29日
大人気海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の、シーズン6までの感想を語ります。ネタバレありの内容になっていますので、できればシーズン6まで視聴してからこの記事を見てほしいです。
2016年10月31日

カテゴリ一覧