• 運営チームとユーザーの投票によって「おすすめ」された、人気のソーシャルゲームをランキング形式で紹介します。 近年のソシャゲは、そのほとんどがスマホアプリで遊ぶことができ、そのために「スマホゲーム」や「アプリゲーム」と呼ばれることも多いです。 本サイトでは、以前から何度かスマホゲームをランキングで紹介してきました。 [http://osusumerank.com/1:embed] この記事では、数あるゲームアプリの中でもよりソーシャル要素の強い、名作ソーシャルゲームを厳選して紹介していきます。 面白いソシャゲを探している方、軽く起動して手軽に遊べるゲームを求めている方、ゲームで新しい人との出会いを経験したい方は、ぜひとも参考にしていってください。
  • リリースからわずか4ヶ月ほどで3500万ダウンロードを達成し、ますます勢いづいているアプリゲーム『遊戯王デュエルリンクス』の紹介です。 率直に言って、めちゃくちゃ面白いです! トレーディングカードカードゲームがアプリに最適化されているより、TCGとアプリが組み合わさって、相乗効果で面白くなっている感覚です。
  • 中国や北米で大ヒットしたRPG『陰陽師』の紹介です。 このゲームは、舞台を日本にしてはいるものの、中国のゲーム会社である「NetEase Games 」が開発しています。 「Apple Store」や「Google Play」の情報を見みれば、杉山紀彰さんや水樹奈々さんのような豪華声優が惜しげもなく起用されていて、とても海外のゲームとは思えないでしょう。 純粋にゲームとしてのレベルも高く、面白い作品を求めるゲーマーや、ゲーム業界が気になる人にとって、やらざるを得ないタイトルの一つと言えると思います。 陰陽師は、豪華日本人声優を使っていますが、これはローカライズしたわけではなく、中国語版の時点で日本人の声優を起用しているのです。なぜこのようなことになったのでしょうか? 本記事では、『陰陽師』とは一体どういったゲームなのかを紹介していきます。
横光利一は文学の神様といわれるほどの作家です。 横光利一は最初の妻が病気にかかってしまい大変に苦労しました。妻との闘病を描いた作品としては、「春は馬車に乗って」や「花園の思想」などがあります。新感覚派の小説家として川端康成と並んで高い評価を受けています。 私は小説家ですが、横光利一の影響を強く受けました。今回は私が好きな横光利一の小説「赤い着物」の感想文を記事にします。
2016年10月30日
現在週刊少年ジャンプで好評連載中で、アニメも大人気のバレーボール漫画「ハイキュー!!」。この作品は少年時代に全力を注ぐ主人公・日向翔陽をはじめたとした部員たちの熱い青春ドラマです。 その一方で現実の私はあまり青春時代にあつい時間を過ごしてきておらず、ハイキューを見て、あの時ああしていればなあと思うこともあります。そんな思いを綴った文章です。
2016年10月29日
ローマの休日は1953年に制作されているので、すでに60年以上たっていますが今見ても面白さが色あせない名作です。白黒映画ですが映像の華やかさは失われることはなく、特に王女役のオードリーヘップバーンの魅力は現在でも十分に通用します。100年たっても名作として残る作品に間違いないです。
2016年10月29日
柴村仁著、メディアワークス文庫から刊行されている、「プシュケの涙」という小説をご紹介します。
2016年10月29日
「僕のヒーローアカデミア」や「ブラッククローバー」など週刊少年ジャンプには着実に新しい風が吹いていますが、その中でもちょっと異質なのがこの「ゆらぎ荘の幽奈さん」です。温泉✕幽霊ラブコメディと銘打たれたこの作品の魅力にるいて紹介していきます。
2016年10月29日
大人気海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の、シーズン6までの感想を語ります。ネタバレありの内容になっていますので、できればシーズン6まで視聴してからこの記事を見てほしいです。
2016年10月31日
スマホMMOの決定版とも言える「剣と魔法のログレス いにしえの女神」は、私の大好きなゲームです。ぜひともこのゲームの面白さを語りたいと思います。
2016年10月29日
 格闘技ってどんなものかわからないし、何から見ていいのかわからないけれど、興味はある!という方はたくさんいると思います。男同士が真剣勝負の殴り合いをするわけですから、どうしたって興奮しますよね。 けれどボクシングのように12R見続けるのは億劫に感じたり、総合格闘技でも寝技の展開ばかりだと一般の人からするとなかなか良さが分かりづらかったりします。 そんな方には「RISE」というキックボクシングイベントがおすすめです。RISEは3Rまたは5Rの試合で、消極的な組み付きは一切禁止されていて、お互いにバチバチの殴り合いをすることを推奨しているので、KOが多く生まれ、無名選手同士の試合でも思わぬエキサイティングな試合が見られることで評判の団体です。
2016年10月29日
全世界で5000万人もの人が熱狂していると言われる。大手ゲームメーカー「ブリザード」の人気ゲームアプリ、「ハースストーン」について語ります。今まで遊んできた中で最高のゲームだと確信できる作品です!シンプルながらも奥深く、高額の賞金が出るプロの大会まであります。これほどまでに熱狂できるゲームはかつてありませんでした。
2016年10月29日
私の好きなものは、ユーラク製菓の「ブラックサンダー」というお菓子です。低価格なお菓子ですが、食べごたえばっちりで美味しく、なかなか侮れません。
2016年10月28日
「ヒカルの碁」は週刊少年ジャンプで1999年~2003年にかけて連載された作品で、テレビアニメ化を始め、日本に囲碁ブームをもたらすなど大変な人気を誇りました。そんなヒカルの碁の魅力は主人公のヒカルがプロとして活躍していくというストーリーだけでなく、ヒカルの成長と読者である自分自身を重ね合わせることでより大きくなるのではないでしょうか。
2016年10月28日
小説やエッセイを読むと単調な繰り返しの毎日がドラマチックに見えてきます。満員バスで体を寄せ合う人、外回りのサラリーマンや子どもを連れて歩く母、目の前に広がる光景を小説の一場面に置き換えて彼らの過去や現在を妄想し、街中の雑踏が一瞬にして小説の世界になります。小説やエッセイとの出会いは読んでいる時だけの楽しみではなく日常生活の面白さの発見になります。私にそのことを気づかせてくれたのが作家の奥田英朗さんでした。
2016年10月28日
『浜村渚の計算ノート』という小説をご存知だろうか。私がこの世で一番面白いと思ってる小説だ。え?お前が面白いと思ってるかどうかはどうでもいいって?いやいや!「面白い」っていうのも大事な情報でしょうよもちろんここからこの『浜村渚の計算ノート』がどんな読み物なのか具体的に書いていくぞ。
2016年10月28日
ここ数年前より漫画の実写化が目立つようになってきました。それに対しての視聴者の評価は様々。 実写の形もドラマ、映画、舞台等、国も日本だけにとどまらずハリウッドで実写化される等様々ですが、どうしてそんなに漫画の実写作品が増加してきたのでしょうか?実写化することによって評価が大きく分かれるのに実写化する理由は? 今回は視聴者の意見や独自の見解も含めて考察してみたいと思います。
2016年10月28日
2001年から7作品もの衝撃的なカーアクションを全世界に公開してきた「ワイルドスピード」。この作品を見れば人生が変わるかもしれません!
2016年10月28日
ザ・ビートルズがポピュラー音楽史上、最高のアーティストであることは間違いありません。 ロック音楽というものが世俗的な欺瞞や人間性の抑圧への叛乱だったとすれば、それを一番に体現したのがビートルズでした。ロックが産業となり、叛乱的身振りが商品となってしまった後には望めない姿勢が、このイギリス出身のグループにはあったのです。
2016年10月28日
私のお気に入りは、「コロニーな生活」という携帯電話・スマートフォン向けの「位置ゲー」です。ひきこもりがちだった私は、このゲームと出会って外出するのが楽しいと思えるようになりました。
2016年10月28日
年末の大掃除に向けての事前準備としてdyson(ダイソン)掃除機を購入しました。前から気にはなっていたのですが今使っている掃除機も不調気味だったこともあり買い替えをすることにしました。 実際に買ってみるとその性能に大感激です。掃除が本当に楽しくなりました。従来のものとすごい性能差なので、一度試してみてほしいです。
2016年10月28日
Jリーグ横浜F・マリノスに所属するMF齋藤学(さいとうまなぶ)選手をご存知でしょうか。高速ドリブルで左サイドからゴール前に切りこみ、右足からのシュートや精度の高いパスで得点機を演出する、いまやチームに必須の選手になりました。 大黒柱であり精神的支柱でもある中村俊輔選手をケガで欠いた2016年シーズンにおいて、攻撃の軸としてなくてはならない存在となっています。
2016年10月28日
「絶え間なく注ぐ愛の名を…」誰もが一度は耳にした事がある名曲の一節です。この歌詞がサビになっているロックバラード『HOWEVER』を作ったのが、今も幅広い年齢層から支持を得ているロックバンドGLAYです。 2000年代前半まではテレビ番組でも引っ張りだこだった彼らですが、現在はインターネットを駆使してこれまでに無い新しい方法や試みで楽曲を発表し、どんどん進化していっています。90年代を代表するロックバンドの魅力を味わえる曲がどんなものかをご紹介しましょう。
2016年10月28日

カテゴリ一覧